2011年11月22日火曜日

けだまとドライブ

 2010年の7月のお話です(古い?)

この日に限らず、我が家の日帰りドライブは結構ハンパぢゃありません^_^;

人語で話すと
「あっ、青カン(看板)発見!」
「なんだ、○○まで100Kちょっとか。行っちゃおうか!?」
「そーだね」
そんなライトな考えで、朝から夜まで時間さえあればオンロード&オフロードお構いなく200から300㎞は当たり前に車でドライブしてしまいます。

そんな無茶ぶりドライブを黙々とこなしてくれる愛車は、どノーマルなist(TOYOTA)とチューンバリバリのJIMNY(SUZUKI)の2台。

どちらも後部座席はけだまと、けだまが鎮座するドライブ用キャリーとご飯・水・トイレで占領。
人間はカメラとコーヒーを必需品(もちろん免許証も)として、飛び出していきます。

主に、関東一円の山々を縦横無尽に走ります。行きと帰りの道さえ違えば大抵のコースは臨機応変に変えていきます。

 この日、秩父の中津川林道を越えて、長野県へショートカット。
晴れた空の下、林道の間を抜ける空気は新鮮そのもの。
街の空気が何ともべたついて感じられてしまう清々しさ。

少し車から降りて身体を伸ばし、美味しい空気を身体いっぱい吸い込むのは何とも気持ちがいいものです(^^)





ちょっと長野県の端っこを巡って、帰り道は国道299号の峠道。
いよいよワインディングが厳しくなる前に現れたのは乙女の滝。

JIMNYを停めて、みんなで滝を見がてら小休憩と散策を開始。
「マイナスイオーン♪」
歌なのか、叫びなのかあやふやな言語を話し、
けだまはリードにつながれて土の道を短い足で右に左に探索をします。

ちょと落ち葉がフカフカな場所を見つければ、積極的に飛び込んでお遊び開始!

遠くから「クッ、クッ、クククー♪ック。」

満足げに身体を葉っぱまみれにして顔を出す。

真夏のはずの気温は、乙女の滝のおかげでとても涼しく気持ちいい空気に変わっていました。

299の側なので、たまに車やバイクが通りますが、滝の音、木の枝や葉が揺れる音、踏みしめる枯れ葉や土の音しか聞こえません。

とても贅沢で穏やかで楽しい時間です。
個人的に、虫だけは苦手な私ですが、こうした自然のなかに入り込む時間がとても大好きです。


都会の某タワーやビルの最上階からの夜景も絶品でしょう。

冬に現れるイルミネーションも幻想的で、寒くて暗くなりそうなイメージを明るくしてくれます。

ですが、零れそうな満点の星を見たり、ゆっくりと夜空を昇っていく月を眺めて時間を忘れそうになる方が私は好きです。

そろそろ紅葉が終わり、冬に向けて気温がどんどん下がってくると、温かい布団が一番のお気に入りポイントにもなってしまいますが、四季の赴き、自然の楽しさを出来る限り満喫して行きたいと思う毎日です♪

2011年11月19日土曜日

けだまのけだま予防

 フェレットは、非常に腸管が短くて腸閉塞(イレウス)を起こしやすいと言います。その腸の長さもタバコ1本くらいなんだとか。

人間の腸閉塞も、吐いてお腹を痛がって、のたうちまわって、ショックのあまり意識をなくしてしまうようなケースをしばしば見てきた私には、ちっちゃいけだまに腸閉塞にはなって欲しくないと思い(他の病気もモチロンですが)、できる予防はしておきたいと願っている次第です。

けだまによるけだま予防(なんかややこしい)

そこでおやつ。
けだま本人の好みを勘案すると、無理のないけだま予防は

・パパイヤのドライフルーツ
・青パパイヤ成分入りのペーストおやつ。

しかし、飼い主としての残念点。

ペーストを食べるけだまの顔が…まるで別モノ。
とても美味しいようで、ものすごい勢いなのですが、その粘稠度が高いためか、
 目を細め…
 鼻のうえにしわを寄せ…

これではまるで、タスマニアデビル(@_@;)!


いつもこの顔なら…

美味しいから逃げもせず、積極的によってくるのでしょうが、
「不味いの!?」と聞きたくなるくらいの豹変ぶり。

初めてこの顔を見てしまった時の驚きのショック、未だに忘れられません(笑)
知人にこの顔を見せた時は「ウワッ!」の後に大爆笑のコースをたどります。







どこのフェレットちゃんも同じようなお顔で召し上がるのでしょうか?

…、…。
しかし、もう少しお上品なお顔で食べてくれないかなぁ?


いまのところ、腸閉塞にはなっていないので美味しく、楽しくけだまのけだま予防は続いています(^^♪

2011年11月17日木曜日

EOS7D

2011年11月16日、晴天。
東京都内某・家電量販店Yにて。

店員さん「これが最後の1台何です。予約は受付けていますが、いつ入荷できるかは未定です。」

私「…、…、…(内的葛藤と予算構想の計算)。くださいっ」

ついにCanon EOS7Dを購入。
EFS18-85mmレンズのセットでした。

購入に付き合って頂いた某・EOS師匠・大先輩に、買ったばかりの7Dの入った紙袋を渡しました。
「えっ?」と受け取る師匠に
「一番安全だから。それ以外、他意は全くございません」と、答える私。
とても納得していただき、家まで安全に7Dを連れて帰りました。

箱から取り出してレンズやフィルターをセット液晶のフィルムを貼り、外装が整った7Dの初仕事は、自身が被写体になること!
5DMarkⅡであらゆる角度から記念写真を撮りました♪
はじめまして

ちょっと可愛く
けだまも新入りの7Dに興味津々。
「おまえ、何!?」

こんな7Dの歓迎会を開いているうちに7Dのバッテリー充電が完了。













記念すべき7D初のモデルは・・・。


やっぱりけだまでした!!

素敵な写真、カワイイ写真、心象となる写真。これからもどんどん撮っていこうと思います。
7D、私のもとに来てくれてありがとう。これからよろしくね。

2011年11月16日水曜日

My Power spot

パワースポット、本来の姿の地球ならあらゆる所が特別ではなく母なる力を保ち続けていたのかも知れない。
風水無視のようなセリフですが、山や森の中に入り込むと、大きな呼吸ができて、どこにでも平等に照らされているはずの日光が、いやに温かく感じられます。

木漏れ日
 伊勢神宮、過去訪れた中で私がまた行きたいと切に願う場所。私にとってのパワースポットです。

数年前、ちょうど誕生日に伊勢神宮に行きました。その日は朝から清々しい晴天に恵まれていました。
連休を頂き、かなり衝動的に川越から飛び出して三重県まで行ったのを覚えています。

かなり朝早くから訪れたので、人の足はまばらで宇治橋を渡る時も殆ど人がいませんでした。
うまく言葉に表せませんが、空気が凛としていたように思います。

御手洗場では、身に着けていた石のブレスレッドやペンダントも一緒に洗い清めました。
石達の輝きが増し、嬉しくなりました。

顔を上げて五十鈴川の上流に目を向けると何だかとても遠いところ、遠い世界から川が続いているような風景に見えました。
心が洗われる場所とされていますが、まさに身をもって体験したのだと思います。



参拝
五十鈴川
自然と深い呼吸を堪能しながら、奥へ向かって歩いていくと、皇大神宮(正宮)に辿りつきました。
宮の側にいる係の神職の方にお話をして、宮の敷地内に連れて行って頂きました。

白い玉砂利を踏み、ゆっくりと宮の前へ立ち改めて参拝しました。
その時、真正面から”風”が吹きました。一瞬でしたが「頭の中が真っ白になる」とはこのことだと実感。
二礼二拝一礼を終えて顔を上げると、”風”は既に止んでいて、御簾が静かに揺れているだけでした。
敷地から柵の外へでた瞬間、「もう戻らなければならないんだ」と思った瞬間、急に涙が零れてきました。悲しい訳ではなかったのですが、とても離れがたく、「戻りたくない」とも自然と湧いてきた感情でし
た。



神宮内の大木

同行してくれた方が、「どうしたの?」と声をかけてくれましたが、訳を話すと「良かったね」と一言、ハンカチを渡してくれました。

そのあとから、私は以前にもまして神社や山や森の中に行くのが大好きになりました。神社に行こうとすれば、それぞれ「お迎え」していただいてるサインを見つけられるようになりました。

地球誕生46億年と言われています。私たちが長いと感じる伊勢神宮の歴史でも2,000年程です。
短期間で、人間はいつの頃からか地球の”声”を無視して自らが住みやすく替えてしまいました。
そこには「共生共存」のスタンスはあったでしょうか?

だから、「自然」として残されている場所には、余計に自然や何か「神」と称されるものの形が強く感じられるのではないでしょうか?

皆が共通して納得するところ、ご利益があるのも「パワースポット」でしょう。
でも一人ひとりがその場と共鳴して持っている「パワースポット」と称していいのだと思います。
もとは同じ原子やらクォークやらで出来ている私たちと地球上の物質。人間の相性と一緒で、その場所の持つ「力」との相性があってもおかしくはない筈です。

神がかりで、Spiritualに特化した物でもなく、当たり前に心地よかったり癒されたり、もう一度行きたいと思える場所を感じ取る機会と感性をこれからも磨きたいものです(^^)/

2011年11月13日日曜日

けだまの思いやり?

「まだ、足りないかな?」配置計算中!?
「痛っ(>_<)、まただ…」
何も考えずにキッチンマットを踏むと、コロッと足元を刺激する何かがあります。

マットをめくると出てくるものは…
沢山のゲジゲジ状の小さなボール。
我が家では「チクチクボール」と呼んでいます。

このチクチクボールはけだまのおもちゃ。
数個買ってきて遊んでみたら、結構気に入ってくれたようだったので、親バカ並みの飼い主心理炸裂。さらに約30個ほど買ってきたものです。

比較的柔らかく、けだまがかじっても壊れるものではないので今のところ安全に遊べています。

いたちの習性なのでしょうか?
けだまはこのチクチクボールを加えると、部屋の隅。ケージの奥、カーテンの下等々、飽きるまで運んで隠しています。

その隠しポイントの一つとしてキッチンマットに下がけだまの中でインプットされているようです。

一見平らに見えるマットに注意を払わず、ヒトがキッチンに入ると…。
思わず足裏を刺激されてしまいます\(◎o◎)/!
大抵は「なんか踏んだ…」ですが、意外に足つぼを刺激することも。
「ま、なんか足裏刺激されたから、どこかの疲労ポイントを刺激してくれたのかも、けだま、ありがとう」

最初はせっせと片づけていましたが、けだまの飽くなき遊びに完敗(-_-;)。
今は邪魔にならない程度に除けている次第です。

しかし、チクチクボールとともに、まれにマット下から出てくるもの。
それは平らになり、乾燥し切ったレーズン。後で食べようと思って隠したのか、けだま本人の意思は不明。けだま、食べ物は大切にしようね。

2011年11月11日金曜日

ブス25箇条

「ねぇ、ブス25箇条って知ってる?」

いきなり女性には聞き捨てならないキーワードを含めて話かけてきたのは、私が勤務している病院の医師でした。

何処かのサイトかマスメディアでも取り上げられているのかも知れませんが、私には初めての言葉。

これは宝塚歌劇団の舞台裏に貼られているものなんだそうです。
美の代名詞とも言える彼女たちとブスと言う単語は両極の世界のモノのようですが…。


  1. 笑顔がない
  2. お礼を言わない
  3. 美味しいと言わない
  4. 目が輝いていない
  5. 精気がない
  6. いつも口がへの字をしている
  7. 自信がない
  8. 希望や信念がない
  9. 自分がブスであることを知らない
  10. 声が小さくいじけている
  11. 自分が正しいと信じている
  12. 愚痴をこぼす
  13. 他人を恨む
  14. 責任転嫁がうまい
  15. いつも周囲が悪いと思っている
  16. 他人にシットする
  17. 他人に尽くさない
  18. 他人を信じない
  19. 謙虚さがなく傲慢である
  20. 人のアドバイスや忠告を受け入れない
  21. 何でもないことにキズつく
  22. 悲観的にものごとを考える
  23. 問題意識を持っていない
  24. 存在自体が周囲を暗くする
  25. 人生においても、仕事においても、意欲がない
なるほど納得。これって「心のブス」の事ですね(^^ゞ
「ブス」と聞くと、女性だけが反応してしまいますが、内容は男女関係なく関わるものです。

25個もあると、「私は全て完ぺき!!」なんて言える方はそうそういないと思います。
「これはちょっと当てはまる」
「時々、そうなるなぁ」等々。
でも、それでいいのではないのでしょうか?
完全無欠な人間など、そうそういないのですから。

宝塚歌劇団の皆さん。一見自信に満ち、美しく、輝いて見えますが、こうした25箇条と向きあう勇気を持ち、外見だけでなく、内側から輝いていく努力や心がけを怠らないのだと思います。

たとえば、今これを見て当てはまるものがあってもいいと思います。
読んだ時の心理状態や環境だって違えば、とらえ方も違って来るはずです。
それをコンプレックスや自己嫌悪で終わらせるのではなく、良い方向へ転換するための判断材料として使っていければ、
「ブス25箇条」は一人ひとりの「美人25箇条」へと変わっていくのかも知れません。

良いものを知りうる機会を得たことに感謝です♪

2011年11月9日水曜日

ものに潜むたましい

かつて心理学の学生をしていた時、「物にひそむたましい」というキーワードに触れる機会がありました。

心理学的に解釈すると無意識の事であろう。イメージは意識とのある相互作用を通して無意識の意味をもたらされる。表現はそのきっかけでもある。
                    「ユング心理学より」 
これだけ聞くと、なぁんか教科書臭くて何が言いたいのかイマイチ伝わりづらいものがあるかも知れません。
ただ、私にとってはその後回想することが少なくないキーワードの1つとなっていきまいした。

ラリマ―(Larimare)、初めて見た時、数ある石の中でも、どうしてもこの石だけが目に留まりました。
この石クンを連れて帰った後、私はクリスタルヒーリングを学ぶ事になり、その後も家には沢山のクリスタルがやってくるようになりました。

新たな道と出会いを広げてくれるきっかけとなったこのラリマ―は我が家で今も鎮座し続けています。

人間が、一方的に「物」に対して、そのものの表面的な姿・形からイメージを表出して、その物に対する意味づけや価値の見出し方だけなのかも知れません。
相棒たち

Larimare
しかし、「形」をなして来たからにはたとえ無機物と言えど、「たましい」のようなものがあるのではないかと思う事が多々あります。

かつて乗っていた車は、とても楽しくて、勢いで日本一周するくらいに走りまわりました。しかし、とんだアクシデントに遭い旅行先で故障しました。その車は私たちを地元の車屋さんまでガタガタの状態で走り続けました。そしてその後、二度とエンジンがかかることはなくなりました。

私たち人間を含む有機体、そして物言わぬ無機物。どんどん細かくしていけば構造は違えど、原子やクォークレベルでは同じ存在。だから、物と人が「意思」に近いもので惹かれあってもおかしくはないと思います。 

パワーストーンと呼ばれるものでなくても、目について離れないもの。
なんだかんだで気がつけば何年も使っているもの。
衝動買いと思いきや、相性バッチリで使ったり身につけているもの。
車、バイクとは呼ばずその「銘」で呼んでしまう愛車たち。
そうしたものは、もしかすると自分たちの意思で私たちと一緒にいるのではないでしょうか?

そう考えると、かつてCMにあった「も○た○いお化け」、むかし話に出てくる「もののけ」、これらも物に潜むたましいを人間が感じ取って表現したものなのかも知れません。

人との出会いも大切に、だけど何気ない「物」との出会いも大切に、その「声」が耳に届けばちょっと素敵な事もあるのかなぁ、そんな風に思います。
滝。

2011年11月6日日曜日

「これは何ですか?」

公園でたそがれる
 リードの先につながれたその先は…。
犬?いや、犬にしては小さい。っていうか長い!?ニョロニョロっと…。

「それ何ですか!?」

けだまとのお散歩で、必ず通りすがりの皆さまに聞かれる質問。

「フェレットです」これで済む事もあるのですが、犬・猫と違って、圧倒的に認知度低め派な動物。

「ペレット?」いや、それは燃料です。
「カワウソ?」いや、類似品。
「ミンクっ!」そんなに高級なものじゃありません(^^ゞ

「平たく言うと、いたちなんです。」ここまで来ると、質問してくれる皆さまの大半は「あぁー、いたちねぇ」と納得してくださいます。

多分フェレットと暮らしている方はきっと誰もが経験するエピソードですよね(^^)

「掘らずにいられないっ!」
けだまの生後6カ月を過ぎた頃から、少しずつ公園に行くようになりました。

フェレットは室内飼いでも十分。むしろ身体が小さい分、細菌やウイルス感染後のリスクが高い、他の動物への加害や被害について、ものの本やInternetやらで外出の危険性は情報として得ていました。

しかし、フェレットもこの地上に生きている動物。私たち人間なんかよりも、ずっと自然の尊さや有難さ、ぬくもりなんかを感じたいのではないかと思いました。ま、広い外へのリアクションも面白そうだとも思いましたが(笑)


公園、林道、河原、雪山、ドライブがてら、けだまとは色々な所へ遊びに行ってます。
土を掘ったり、川の水は嫌がったり、道を外れて草むらの中に脱線して行ったり…。果ては疲れるのか、やたらと抱っこをせがみ、人の肩に乗って高みの見物。
犬のお散歩とはかなりかけ離れた、歩みの鈍いお散歩が「いたち的お散歩」です。
「いい日差し♪」


けだまと一緒に暮らすまでは、公園を散歩しに行こうとはあまり思いませんでした。
山や林道、そんなドライブは前々からちょくちょくしていたけれど、けだまを連れていくようになったら、流すだけの景色が、ちょっとその場の空気に触れようという時間が増えました。
風に触れ、木々や土の香りに包まれ、水のせせらぎに耳を傾ける。長居ではなくても、ナチュラルな時間。
そして、軽く汚れたけだまの土埃を叩いて出発はお約束^_^;

ペットを挟んでのコミュニケーションなんて新しい世界をけだまは開いてくれました。

ちっちゃくて、たまにダレても力一杯生きているけだまとこれからもお散歩して行きたいとおもいます(^^♪

予防接種はちゃんと定期的にしてますよぉ、一応宣言しておきまーす。

2011年11月5日土曜日

フェレット・けだまの今昔

お迎えして1週間、既に有望なカメラ目線
 約400グラムの体重だったころ。

人の気配が無くなるとケージの中から「ギャーっ!ギャーっ!」っとちっちゃい身体で猛アピールしていました。

寂しかったんだろうな、本能的にもちっちゃい自分を守ってくれる存在をちゃんとそばに付ける為の術を見事に駆使していたのでしょうね。
お迎え後約半年、その身体も1㎏前後になりました。

いつもはハンモックに自分から飛び込んで寝るけだまですが、お出かけすると、こんな風にいつでもどこでも寝れるようになりました。

一緒に暮らして一年過ぎますが、まぁ不思議な長い生き物です(^^♪

2011年11月4日金曜日

輪・和・話 白衣観音様からのMessage

高崎白衣観音
お守り  

輪…触れ合う心

和…人を和ます心

話…会話のできる心


今年の4月、お花見を兼ねて初めて高崎市の観音山へ行きました。
雲ひとつない青い空に、淡いながらも鮮やかな桜と色と純白が輝いて見えそうな白衣観音さまの美しいお姿が印象的でした。

そこで頂いてきたお守りは、とても可愛らしいものでした。
丸い形で、中央に桜の形の小さな鈴が付いているものです。

お守りのパッケージには、「輪」・「和」・「話」の心が書いてありました。

・触れ合い:人と人が直接触れ合う生身のコミュニケーション、言葉以上の意味を込めていることもある
・和み:心を穏やかにする、しずめる、ゆったりさせる
・会話の心:お互いに、言葉を交わすこと。またはよくある言葉の「キャッチボール」で受け止めあい。

所作は生きていく上でごくごく当たり前のこと。
当たり前だからこそ、常に顕在意識には登ってこない。

寺務所でお守りをお受けする時にも、住職さんは「当たり前のことすぎるんだよねぇ」なんて言いながら包んでくれたのを思い出します。

人生においては、「理不尽だ」「どうして?」「寂しい」「苦しい」「不安だ」「辛い」「悲しい」
「分かってもらいたい」と思うことはたくさんあります。

しかし、何気なく触れ合うことで、心を鎮め、会話を重ねていくことで、「いつかそんな事もあったね」と笑い(和来あう)日を迎える事ができる、そんな事を観音様は気づかせてくれているのかと思います。

観音さま、当たらずも遠からずにはなっていますか(#^.^#)?






2011年11月1日火曜日

ベランダ

私が住んでいるマンションは、遠くの町まで見渡す事ができます。
モチロン、空も街中としては広々と見る事ができます。

鳳凰が飛んでいるみたい
夏は近隣の花火大会が小さいながらも見る事ができ、

冬の夜空には綺麗なオリオン座が輝きます。

2011元旦
ちょっと一息ついてベランダの椅子に腰かけて空を見上げると、空は色々な表情で私に話しかけてきてくれるようで楽しいです(^^)v
今日の空