2011年12月31日土曜日

年の暮れのお手伝い

今年もあと1日。
大した大掃除ではありませんが、
新しい年をそこそこ迎えられる程度の掃除をすることにしました。
「猫の手を借りたいほど・・・」と、言いますが、
我が家では「鼬の手」を借りる事になります(゚∀゚ )。


早速、一人で遊んでいたけだまが駆け寄ってきます。
ワイパーのモップに興味を示し、拭き掃除に負荷をかけてくれました。
思い起こせば、↓ちっちゃな頃から運動負荷を掛けてくれる飼い主思いのけだまです(笑)
モップに飽きると、今度は掃除部位のご指摘(?)です。


だんだん、お遊びモードに切り替わってきました。
よく見ると、床はきれいになるどころかそのままでした(^^ゞ。
鼬の手は実際に借りるものではないようです(笑)

これまで、ここ数年間はクリスマスも年末年始も、病院の仕事で家を留守にしていましたが、今年はちょっと早めの仕事納めをしました。

のんびりと穏やかな気持ちで年末年始を迎えたいと思います♪

私と関わりのあった方々様。
今年も無事に過ごすことができました。
ありがとうございます。

皆様も私にも来年がより良き時となりますよう、祈っています!

2011年12月30日金曜日

明珠在掌

「みょうじゅたなごころここにあり」

あなたは幸せをつかんでいるのに

私たちは自分が持つ宝に全然気づいていません。
持っているのはまさにその手の中。

明珠とは、計りきれないほどの価値ある宝のこと。
それが一人ひとりの手の中にあると教えていくれている言葉なのだそうです。

私たちは自分の掌を見ようともせず、遥か遠くにまたは高みに取りに出かけようとします。

お坊さんでも自分が宝を持っていることに気づく為の修行を重ねます。

自分をよく知ることは簡単そうに思えて、実はかなり難しい事です。


「ほっととする禅」語より引用させていただきました。ありがとうございます。

遊びのお誘い

よぉーくネンネした後のけだまは元気ハツラツ!
遊びたくなるとケージをガンガン叩き「出して!遊ぶぅー!!」と催促。

捕まえてごらーん!

鬼ごっこ(?)のはじまりです。

まずは猛ダッシュ!
室内を縦横無尽に駆け巡ります。


まるで鎌鼬?
時々止まってはこちらを見上げ、誘っている様子・・・。








なにこれ!?かじってもいいよね?
人さまのバッグを物色し、気に入ったものをチョイスして引っ張り出す。

この日は鍵がその餌食となり・・・。











ここに入るよ



次は、隠れんぼ。

中に入るから、外から手をいれて構ってくれと言っています。









只今、けだま準備中。


ちょっと待っててね
 




 なかにゴソゴソと入っていきます。
もうーいいよぉ

しっかりとこちらを見つめています。
実はこれ、噛んであげるからその穴から私の手を入れて欲しいと誘っているのです(;´Д`)



(☆∀☆)


待ってます・・・。

2011年12月29日木曜日

喫茶去

「きっさこ」

嫌いな人にも一杯のお茶を差し出せる余裕

日常茶飯事の光景ですが、お茶を差し出す事ほど、私たちの心を映し出すものはありません。
嫌いな人が来てもお茶をお茶を召し上がれと言えますか?

慌てて到着した人に「よく来たね」「まずは一杯」と呼吸を整えてあげることを考えたり、労いの気持ちを一杯のお茶が表したりします。

喫茶去は「お茶を召し上がれ」、ただそれだけの言葉。理屈抜きに一杯を差し出すことこそ禅の心に通じるのだそうです。

何気なく行なっている日常の動作に、こんな気持ちを込めて人にお茶を勧める気持ちを大切にしたいと思います。

「ほっとする禅語」から引用・参考にさせていただきました。ありがとうございます。

2011年12月28日水曜日

日々是好日

「にちにちこれこうじつ」

どんな日もいい日だといえますか?

日々是好日とはどんな日でも毎日は新鮮で最高にいい日だと言う意味。

ムカつく日、悲しい日、雨の日でも風の日でも、その時のその感情や状態を大いに味わって過ごせば、かけがえのない日になる。

新鮮な気持ちで目覚めたら雨も楽しもう、寒さも味わおう、

実際、私は寒さが苦手です。寒空の中の外出では思考回路がまさに「フリーズ」してしまうほど。
正直、寒さを味わう余裕はありません。

しかし、「今」はこの時だけであって二度と戻すことは出来ません。

同じ感情を同じ体験で味わうこともまた然り。限りなく似た経験はしても「同じ」ではないのですよね。

ほのぼのとして幸せそうな字面ですが、なかなかの難問です。


ほっとする禅語 より引用させていただいてます。

2011年12月27日火曜日

モデルデビュー!?

私が毎月購読しているパズル雑誌に、ペットの投稿をするコーナーがあります。
採用されたペットの名前が「スケルトン」というゲームのキーワードになります。

これはペット愛好家には堪らないコーナー( ^∀^)。

いつも犬や猫が多いなぁ、と思いつつ、ある時戯れにけだまの写真を投稿してみました。


そして今日、仕事帰りに書店に立ち寄り、いつもの雑誌を買って帰宅。

景品当選をチェック・・・、ハズレ( p_q) 。

仕方なく今回はどんな感じかなぁ~なんてパラパラとページをめくると・・・。

(メ・ん・)?何か見慣れた長いイキモノが。

おおっ!けだまが載ってる!



















ホントかな・・・。ドアップ検証。




やっぱりけだまだ(-^〇^-)。
たしか、今年の初詣の帰りの道端で撮った姿だったような気がします。

親ばかならぬ飼い主バカです。


早速写メを撮り記念撮影です。

けだま本人は、人間様の喜びなんて露知らず「何して遊ぶ!?」のお誘い顔で私を待っていました。

ほんのちょっとだけ有名イタチになれたかも知れないよ?けだま♪


2011年12月20日火曜日

Liveの光に遊ばれて…

2011年12月17日㈯。

越谷市にある「EASY GOINGS」にて行われたArt Live Party Vol.9にサブカメラマンとして撮影に行ってきました(^^♪









高校生バンドで終わったけれど、ちょっとドラムやパーカッションをしていた私には酷な仕事。
何せ、カメラマンとして来ているのに、ノリの良いリズムに身体が何度も身体が揺れそうに(^_^;)。

バンドと、観客が一体となってその場・その空気に触れている空間はまさに一円相。

見事な円を描いていました(^^♪


詳しくは

 [mixi]花情和楽な写真  または

 Face Bookページ 「花情和楽」  にて公開しています♪


2011年12月14日水曜日

難しい被写体のみなさん

12月12日、ベランダから見える月がとても綺麗に見えたので、ちょっと撮ってみたくなりました♪

皆既月食のショーの時間は、生憎仕事で堪能できなかったけれど、いつか綺麗な夜空も自由に撮れるように練習・練習。
寝ぼけている隙に…


 先ずは、ハンモックで寝ボケているけだまで試し撮り。


眠気と遊びたい欲求の狭間のけだまはいつもこんな感じです。

最近は気温がちょうどいいのかよく家の中を走り回っているかぐっすりと眠ってしまうか両極端な日々をすごしています(^_^;)













 最初はその姿をしっかりとだしていてくれたお月さま。

なかなか手持ちでゆっくりのシャッター速度に身体をキープさせるのは至難の業でした。










ぱくっ!?
 だんだん雲が流れて来て、お月さまは雲の口の中に入っていきました。














なんだか、「も○の○姫」のワンシーンのようになってきました。

寒さも限界だからこれで撮影終了です(笑)。












そういえば、月食は人間に代わって月や太陽が病気を病んでくれるとか、罪悪を背負って龍に呑まれるのだと言い伝えている所があるそうです。

ついつい自然の神秘に惹かれてしまいます(^^♪

2011年12月10日土曜日

お洒落

長い生き物であるフェレットには、有難迷惑なものかも知れませんが、
売っているからには、買いたくなるファッションアイテム。

けだまにも3着くらいそろえています。
いたちの魂

ドラゴンスカジャン









ちょっとお出かけするときはおめかしで着用しています。
new item



今回、ふと立ち寄ったお店で帽子を購入しました。
そういえば帽子はけだまに買ってあげてなかったなと、思い出しまして(^^)。

おとなしくお留守番をしていたけだまをケージからやさしく抱き上げ、
「お土産だよ♪」とかぶせてあげてみました!


凛々しい!?

えっ!?なんか目つきがおかしくない\(゜ロ\)(/ロ゜)/!?
ふてぶてしい!?

確か、スタッフお勧め商品って謳ってたよ?



最後は、こうやって遊んでいました。
ちょっと使い方が違うんだけれど…。


2011年12月5日月曜日

曼珠沙華

 最近は急に冷え込み、紅葉さえも一気に葉を落として、冬の訪れを感じさせるようになってきました。

数々の花を楽しむ時間を得るのは、次の春の訪れを待つことになりそうです。

これらの写真は、今年9月の下旬に埼玉の日高市にある「巾着田」で逢ってきた曼珠沙華の皆さんです。

平日だと言うのに沢山の人が来て、その鮮やかな朱の世界を楽しんでいました。

曼珠沙華は「彼岸花」とも呼ばれ、花言葉は「情熱」「独立」「再開」「あきらめ」等々、陰にも陽にもとれる意味づけの多さは、それだけ様々な人に印象を与え続けてきた証拠なんでしょうね。

大抵、群れをなして咲き乱れるので、間近で見るのは初めてでした。よく見ると、1本の細い花弁が放射状に広がって、それが一本の茎から輪状に形造っていたのですね。そして、その細い花弁の群れが一本の花となり、さらにそれが無数に集まって、真っ赤な絨毯のような、燃える火の中のような景観を生み出しているのが分かりました。

後からふっと思い出したものがありました。
 数年前に購入した、生命科学者の柳澤 桂子さんという方が著作した「生きて死ぬ智慧」。
 お聞きなさい あなたも 宇宙のなかで 粒子でできています 宇宙のなかの ほかの粒子と一つづきです ですから宇宙も「空」です あなたという実体はないのです あなたと宇宙は一つです(10p)
生命科学者の方が、「般若心経」をご自身の体験を踏まえつつ「心訳」したものです。

科学的につめていってもやはりこのような見解にならざるを得ないのだと思います。私たちは自分のまわりの存在を分けてとらえがちですが、分子的に見れば、密度の濃いところと低いところがあり、それが“縁”によってたまたま今寄り添っているにすぎません。

 曼珠沙華の群生は一本一本の花。一本の花は一つ一つの細い花弁。

人間もその他動物も、無機物も一つ一つの分子の集まり。

全ては揺らぎの中で存在しているんだろうと改めて気付かされたように思います。







個人的に好きだった、漫画「鋼の錬金術師」にも同じようなものがありました。

「一は全、全は一」。

科学・宗教、文化や歴史を超えて、私たち人間は心の何処か奥の奥でちゃんと気づいているのかも知れません。

全体を見渡す視野と、ごく一点にフォーカスする視野とを持つだけでも、気づきの一歩となっていくのでしょうね。
ちなみに、一緒に連れて行ったけだまは、自分で歩かないでずーっと人さまの肩の上で高みの見物^_^;。

でも、けだまも見たかったのかな?

真っ赤なお花畑。