2012年1月31日火曜日

愛心

あいしん : 愛する心にもいろいろあります

愛別離苦というのは、
愛するものとはいつか辛い別れの時が来るということです。

愛する心は煩悩の最たるものだから、
仏教修行では断てとか捨てろと言われます。

深愛の心愛し敬うこと、慈愛といえばその限りではないので、
差別を生む愛を敬遠しているのです。

愛する人ができると、愛さない人と区別するようになるということです。

人を愛した途端に執着が始まります。
愛する人を失いたくない、愛する人と一緒にいたい。
ほかの人が邪魔になる。
みなさん、覚えがあるでしょう。

亡くなった夫が妻への愛を捨てずにいたが、
妻も亡くなった夫への愛を断ち切れずに悲しんでいた。
亡夫は僧から「妻のために愛心を断て」と諭されてその通りにし、
極楽浄土に行ったという話が伝えられます。

愛する人のため「愛心」を捨てる。
執着しないとは、そんな境地も生むのです。

「ほっとする禅語」より引用させて頂きました。ありがとうございます。


色々な「愛」の形があります。
執着のない広い心の愛、
この世に生きる私たちには大切に思えばこそ難しい課題ではありますが、
独りよがりにならない愛の形が見いだせれば楽になるのでしょうか?

2012年1月30日月曜日

朝の鬼ごっこ

おたまをお迎えして3日目。
まず、朝一番に起きたのはけだまです。

そろーっ
まだおっかなビックリにおたまの寝床の前を通過します。
ですが、色々な物音と空腹で、おたまも起きちゃいました!
写真中央左右・大きいのとちいさいの
それぞれが思い思いに室内探索開始です。
 やがて・・・。


 出会い頭に遭遇しました。
鬼ごっこ開始!
鬼はおたま、けだまは逃げる側です。

おたま「みつけた♪」
 おたまはお迎えしてから直ぐに
「クククククッ」と遊び出してしまったある意味強者の女の子。
まだヨチヨチ歩きなのに走りだしたら止まりません。

けだまを見かけると追いかけたくて仕方がないようです(^。^;)
けだま「うわっΣ(゚д゚lll)」
けだまの方はまだちっちゃいおたまに慣れないご様子。
ですが、嫌がったり噛み付いたりすることはなく、
遠くからジーッ(;一_一)とおたまを見ています。

2匹の距離が毎日少しずつ近づいてくれるが待ち遠しい人さまです(^^♪
まだ遊ぶのー!!
飛んだり跳ねたり、
突然の眠気で睡魔が訪れるまでおたまの遊びは止まりません(~_~;)

疲れた・・・、美味しい
 けだまは甘えん坊の本領発揮。
これまで以上に甘える事が多くなってきました。
ご褒美のおやつをあげつつ、今はけだまの気の済むように付き合って上げています。

2012年1月29日日曜日

遊ぼっ

けだまのお目覚めです。
人の気配を察知するともう我慢できませんW
おはよ

ケージから出しての催促が賑やかに始まります(笑)
強い自己主張の現れ
最近のお気に入りは
シリコン製の折りたたみ可能な小さいコップです。
ある時カバンから静かに引っ張りだし、
その小さな凶刃の牙にやられて穴が空いてしまいました。
カプッ!
穴の空いたコップの運命、
もはやけだまのおもちゃへとシフトするしかありませんでした(^^ゞ
まぁ、気に入ってくれてるなら許しちゃいます(嗚呼、イタチバカ・・・)
負けるもんかぁ!!
テレビを観ながらくつろごうとすると
周りでちょっかいを出すけだま。
ヒョウ柄の手袋で応戦!
あっ、やっぱり眠い・・・
そして、やっぱり
遊びの途中で眠気が襲ってきたようです。
オヤスミなさーい。

自由奔放、
そんなけだまを見ていると、
こちらも何だかほんわかする日々です(笑)

2012年1月28日土曜日

おたま、ようこそ!


2012年1月27日。
当直勤務の仕事を終え、朝の光を受けながらの帰宅。
愛車「ist」の洗車をするべく遠回りの帰り道、
ちょっとペットショップに寄りたくなりました。

吸い寄せられるようにフェレットコーナーへ。
そこには数匹のベビーフェレットが数匹、
元気良く遊んでいました。

その中の1本にたまらなく惹かれる何かを覚えて・・・。
なんか「クンクン」って言ってる?
ため息が止まらなくなってしまいました(^^ゞ。

一度、必要なモノだけを買い揃えてお店を出ました。
車を走らせ、市内を巡り・・・、
頭の中もあの可愛らしい目が巡り・・・。

私たちはペットショップへ逆戻りです(*´д`*)

対応してくれた店員さんが、
ちょっと驚いて、ちょっと「クスッ(^0^)/」と迎えてくれました。

「お迎えにきました!!(^o^)ノ イエー!」
とりあえず、ノリでテレを誤魔化し・・・。
お迎えの手続きをしました。
ファーストコンタクトの瞬間!
帰宅して早速けだまとご対面ヽ(^0^)ノです!

なんか懐かしい気が・・・。僕もこれに入ってきたんだよね?
帰りの道で考えた名前は「おたま
けだまといい家族になってもらいたいと願って
考え合わせた結果です♪

何してるの?
けだまはお迎え当時、他のフェレットと月齢差があったため、
お友達と遊ぶ事をほぼ知らないで私たちがお迎えしました。

大きくなって、フェレットエキスポや他のフェレットと遊ばせてくれるお店に行っても、
自分とお友達を同じ「フェレット」とは認識できないでいました。
基本ポジティブな性格ですが、やはり1本ではどことなくかわいそうになってきていた最近。

人間の自己満足ではあるかも知れない。
でも、一人でお留守番している時間も貴重な時間。
楽しく過ごしてもらいたい、
フェレットとしても元気に遊んでもらいたい、
いつの間にかそう願う日々が続いてもいました。
ここどこなの?
何度かペットショップでけだまと暮らしてくれる子を探しては
なんとなく諦めて帰る時もあり・・・、
しかし今回は諦めきれない何かを感じました。
(*´・з・`*)チュッ♪
初めて自分のテリトリーに入って来たけだまは、
まだ正直「たじたじ」しています(;^ω^)

おたまもまだ、初めて来た環境に興奮気味(メ・ん・)?です。
仲良く探索開始
これから少しずつ心の距離を縮めていって、
仲良しこよしの姿を見せてもらいたい。
私たちもドキドキ(O.O;) (o。O;)しながら見守っています♪

ようこそ、おたま。

みんなで歓迎します。よろしくね♪

2012年1月27日金曜日

一行三昧

いちぎょうざんまい : なんでもいいから一つのことに邁進する

禅の修行と言えば坐禅。
自分と向き合い、心の安定を得られる坐禅に集中することはもちろん「一行三昧」です。

一つのことに精神を統一して邁進する。
それを「一行三昧」と言います。

しかし、寺で行うような修行アイテムだけではありません。
坐禅をしなくても、日常生活の全てに際して心が素直で純真でいられたら、
それもまた「一行三昧」なのです。

寝たり起きたり、どこにいても、
どんな環境でも「一行三昧」することでそこが極楽浄土になります。

あなたにとって、どこにいる時が「一行三昧」しやすいですか?
あなたにとって何をしている時が「一行三昧」に近づきやすいですか?

茶の湯の手前に無心になっている時。
掃除をしている時。
畑仕事をしている時。

あなただけの「一行三昧」への入口を探しておくこと、是非おススメします。

「ほっとする禅語」より引用させていただきました。ありがとうございます。
考えてみると、
「一行三昧」している時間ってあったかなぁ?
いろんな事をしながら、いろんな事を考えているように思います。

「聴きたい!」と思った音楽を聴いているとき、
歌詞に耳を傾けることで雑念を消している時があります。

もっと心を素直に純真にできる時間を作って行こうと
この言葉を見るたびに思い返しています。

2012年1月26日木曜日

眠りの境地inけだま

雪やこんこん♪あられやこんこん♪な夜。
お風呂に入ったけだまは、
それはもうはしゃぎ放題でしたヽ(*´∀`)ノ

その後もはしゃいでご飯食べて、
ひと眠りした後にまたはしゃいで・・・。
と、なればあとに来るのは睡魔のみ。


 コタツと人の膝の上で遊んでいたけだまの動きが鈍くなってきました。
まぶたが仲良しに・・・
 どんどん半目になっていきます。
なんだかあったかい。
 途中、ビクッとして起き上がります。
まるで授業中に居眠りをしている子が見せるあの瞬間のように・・・。
はっ、何!?
ですが、ナデナデ攻撃に抗えません。
力がぬけるぅー

プニプニ
 もはや大切な肉球を弄られても抵抗できません。
ダラーン
獣であることがどうでもよくなってしまいました。

・・・。
まるでイタチの催眠術ショー\(◎o◎)/!、の出来上がり。

おぉやぁすぅみぃなぁさぁい~
寝ながらもみなさんによるのご挨拶。
我がフェレットながらお行儀がよろしいです(笑)。
そのまま、ハンモックへ運ばれるけだま。

何をされてもぐっすりでした。
おはよう、でもなんかまだ眠いよ。
翌朝、元気良くケージを飛び出したけだまですが、
なんとなく目がショボショボしてました(^^♪

2012年1月25日水曜日

無常迅速

むじょうじんそく : 人生はアッという間だから

人生はあっという間という意味。
あっという間ですよ。本当にわかっていますか?

だから時間を無駄にしたくない。
一瞬一瞬を無意識にやり過ごさない。
怠情に過ごさない、時は待ってくれません。

無駄な時間を過ごしたなぁ、と思った時が何度かあるでしょう?
それはどんな時でしたか?

気持ちが散漫で、あれよあれよという間に時間が経ってしまった時。
何をすべきか考えあぐねて思いが定まらぬ間に時間が経ってしまった時。

大抵の事は何かの役に立つか、教訓になっているはずですが、
向かう方向の決まっていない時間はとかく無駄な時間と感じます。

さらに自由を奪われた時間も無駄になる。
自分らしくなく過ごした時間は「カラッポ」です。

いつも心の中の「正直な自分」に、問いかけながら進むのが時間を無駄にしないコツ。

「ほっとする禅語」より引用させて頂きました。ありがとうございます。

 「正直な自分」・・・。
意外と引っ込みじあんな部分の自分かも知れません。
「我が強い」というのとも違います。
しかし、自分の過去を振り返った時に、「有意義であった」と
振り返られる時間の過ごし方をしたいものです。

2012年1月24日火曜日

春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえてすずしかりけり

あなたは誰?何がしたい人?

美しい自然の光景を歌いながら
物事の本来の姿を思い起こさせる道元禅師の言葉です。

この句を借りて、本当の私たちの引き出してみましょう、との事。

春は花で夏がホトトギスなら、
あなたは何をしたい人?
どんなことが好きな人?
あなたはどんなことに感動する人?
あなたは何が嫌いな人?

答えられるでしょうか?
答えられた人は本来の自分の本当の姿を知っている人。

答えられない人は、自分の本当の姿をもう一度よく観察したほうがいいですね。

自分というものを見失って誤魔化しながら過ごしていると、
好きな物に出会うチャンスを失います。

春は花であるように、
夏はホトトギスであるように、

自分のことに関して自然な本来の姿というものを知っていてこそ、
人生の次のステップに進むことができます。

「ほっとする禅語」より引用させていただきました。ありがとうございます。
心理学やカウンセリングの世界だと、
自分の意識のうち1割位が顕在意識、9割が潜在意識と言われています。

私たちは普通1割の自分でフル活動していると思い込んでしまいます。
こんな風流な言葉から、
自分の本来の姿、いつもは認識していない自分にもフォーカスしてみるのもいいかも知れません。

2012年1月23日月曜日

モップ大好き

けだまは満足するまでハンモックで寝ると「出して出して!」と
ケージをガシガシ叩きます・・・。

で、放牧。

そういう時に限ってなぜか掃除と重なります。
目が覚めたヨ
モップを発見。自分と似ていると思っているのかな?
キミも長いね
興味津々♪
なんか好きな感触♪
掃除は始まらず・・・。
モップと戯れようとくっついて離れません(^。^;)
何もしてないヨ

怒られると、こんな風にひらべったくなって無関心を装うけだま。

僕もお手入れ
さらに何事もなかったように装います(^^ゞ

2012年1月22日日曜日

和光同塵

わこうどうじん : 自分が立派なことを隠す

クリスマスイブ。少年がボロを着たおじいさんに親切にしたら、
次の日夢がかなっていた・・・。
その人は実は神様だったのです!そんなクリスマス映画がありました。

仏様も同じことをされます。
そのまま俗世に登場したのでは「才智の輝き」でみんなビックリ、バレてしまいます。
だからその光を和らげて隠し、塵や埃で汚れた世間に混じって人々を救済する。
これを「和光同塵」といいます。

水戸黄門にしても、暴れん坊将軍にしても、街の中に出ると一般人よりとても謙虚で大人しい。
皆を救済しようする慈悲の心は、まず自分の智徳を見せびらかさず、立派なところを隠すところから始まります。

危ないところを助けてくれた青年が、名前を名乗らず立ち去るシーンもよく見ます。
「和光」の心は世界各地でちょっといい話を生んでいるようです。

「ほっとする禅語」より引用させていただきました。ありがとうございます。
「無功徳」でも書きましたが、
偉業を成し遂げる人や、後世に語り継がれる人の殆どは、
その行いを自ら語るのではなく、
周りの人が口伝からいつかは書にして伝えてきました。

私たちはそれを見聞し、
「善行」のモデルを知らず知らずのうちに自身の内側に作り上げていきます。

ひた隠しにするほどではなくても、
黙っていた方がスマートですよね(笑)
「立派」も何も関係ない、無功徳につながる言葉だと思いました。



2012年1月21日土曜日

盛り塩セット

「盛り塩」
邪気を祓い清める効果があると言われています。

由来は平安時代に遡ると言われ、人々が家の戸口に塩を盛っていたことが始まりだそうです。

これは、塩が牛の好物であったため、前を通りかかった牛が舐めるためにやって来ると、
牛車に乗った高貴な人々も家に立ち寄るようになり、縁起がいいとされたためだそうです。

で、我が家でもずっと盛り塩を続けているのですが、
なかなか上手に盛れない・・・。
しかもけだまにひっくり返されてパラパラに(-_-;)。

そんな私を救済してくれるアイテムを、
かなり衝動的に購入しちゃいました♪

その名も「神棚の里」さんから出ている「盛り塩セット」
嬉しくなって即購入です!
ご立派な箱
 中には「あらしお」、素焼きの白皿5枚、笏型ヘラ、説明書、そして盛り塩固め器
中身
綺麗な円錐を期待♪

 中でも、固め器があるのがとてもありがたい!
ギュッ
少し入れて先端を固めます
あとも綺麗に

残りも入れて・・・
ペンペン
 笏型ヘラ登場!さらに固めます

クルッ
 白皿を逆さに乗せて・・・。

ドキドキの瞬間
 固め器を外します
ピンッと美しい♪
 綺麗に仕上がりました♪
盛り塩5兄弟
この出来上がった5つの盛り塩は
玄関
トイレ
台所
洗面所
浴室
に置きます。

面白いのは説明書に
以上(浄化等)の効果は古来からの言い伝えです。効果をお約束するものではありません。
ご了承ください。
とあること(笑)。

こんな事に苦情付ける方がよっぽど可笑しいなんて私は思いますが・・・。

こうして家の中を浄化し、厄を祓う心を持つことができる心に
私は感謝です(^^♪

2012年1月20日金曜日

知足

ちそく : 何もかも足りているでしょ?すぐ気づいて

「足る」を知る。
私は幸せだ。満ち足りているから、これ以上もっと欲しいとは思わない。
これで十分満足だ。こんな感じでしょうか?
こんな風に言うと、随分お金持ちの贅沢な暮らしをしている人のセリフのように聞こえますが、
それが違う。

少しの足りる」で満足していることを言っています。

足りていないと思っている方に言いたい。
本当に足りていませんか。
足りていると感じられたら、あなたはすぐに幸福になれるのに。

「武士は食わねど高楊枝」とは違います。
我慢するのではないのです。
足りている事に気づく「知足」。
楽~な気持ちで幸せを感じられる方法もあるのです。

贅沢に切りがない人は弱い。
ほんのちょっとで満足できる人は柔軟でパワフルです。

足るを知る人は幸福に最も近い人なんですよ。

「ほっとする禅語」より引用させて頂きました。ありがとうございます。

本当は、充足していることに私たちは気づくのが遅いんだと思います。
「欲求」は、人間の悪い部分でもあり、動くためのエネルギーともなりえます。

毎日ちょっとでも嬉しいとか楽しいと思えることを実感すれば、
「知足」につながるのかな?そんな風に思います。

2012年1月19日木曜日

試着&撮影会・・・ならず

お久しぶりに
ドラゴンスカジャン(アップルハウス製)を着てみました。
なぜかと言うと、
最近、ちょっと大きくなったけだま(・∀・)。

もしかすると、きつくなったかも・・・。
そんな心配がよぎった飼い主心のなせる
デブぢゃないよ
とりあえず、難なく着れました(ホッ)♪
何着ても似合うでしょ?
けだまは結構小柄に育ってきました。
獣医さんにも
「もうちょっとご飯あげてもいいかもしれませんよ?」
と言われていました。

まさにコンパクトサイズ?
1歳を過ぎても1000gなるかどうかという位でした。
しかし、お陰様で今では立派に大きくなりました(^^♪
こっちだよー。
じゃぁ、記念撮影会でもしようと、放牧開始。
ところが、けだまハウスに中へ入ってしまいました!

ガブガブガブ!

中で「クククククッ」と楽しそうにしています。
もうちょっと記念撮影してあげたいんだけど・・・。
肝心のモデルさんは
中遊びが楽しいようです(^^ゞ。
「お取り込み中、1枚いいですか?」
男前に撮ってね
顔だけ撮影の許可を頂きました。
うっ・・・、遊びたいのに眠くなっちゃた
このままで約15分ほど、
寝ちゃいました(笑)

2012年1月18日水曜日

無功徳

むくどく : 善い行いをいいふらすな

善き行いとは不思議なもの。
人知れず行なっていると、自分の心が「無心」に慣れていきます。

善き行いは心を静かに満たしてくれます。

善き行いをした報いを「功徳」といいますが、
下心あっての行いには功徳はありません。
功徳を重ねることは功徳を重ねていないことと同じだと、
無心で行うことが肝心なのです。
だから功徳は「無功徳」。
ともすれば、何も無かったかも知れないその瞬間を、
善い行いに向かわせてくれたチャンスに感謝。

善い行いは、諸刃の剣でもあります。
何故なら、善い行いには打算があって、
人に知らせたり、見返りを求めたりすればいっぺんに色褪せ、
功徳ではなくなってしまいます。

命を救ったことも、席を空けたことも、誰にも知らせず、黙ってやりましょう

そうすることで、
私たちの今日の善い行いは、清々しい無心を得ることができます。

「ほっとする禅語」より引用させて頂きました。ありがとうございます。
確かに、「自分があの時・・・」「私がいたから・・・」
そんな風に言っているのを聞いたことがあります。
私もそんな事を口に出すこともあります。

実は認めてもらいたいとか、
こんな事をできる自分がいると自信を持った裏返しだったり、
そんなこともあるのかも知れません。

ただ、善い行い、または偉業を成す人は
自分からその行いを言いふらしているのをあまり見聞しません。
そんなこと、あったかな?くらいのご様子。

黙っていても、その行いの素晴らしさを知っている人はその後ろを付いていきます。
後世に語り継いでいきます。

「無心」でいたい。そう思うこともしばしばです。

2012年1月17日火曜日

和敬静寂

わけいせいじゃく : 相手を敬えば楽になるのだけれど・・・

きゅうりとしらすの和え物は、
それぞれの味が引き立って美味しいですね。
これをミキサーにかけてドロドロのジュースにしてしまったらどちらの味も死んでしまいます。

きゅうりとしらすは、それぞれの個性はそのままで一緒に小鉢にいてくれるのが平和です。

仲良しでいることは、自分を相手に合わせていればいいというものではなく、
自分という個性をそのままに、相手の個性もそのまま認めて一緒に過ごすというもの。
これが「和」です。

人間が同じでなければ仲良くできないのではありません。
同じでないからこそ、1+1=2以上になる可能性もある。

だから「あの人は自分とは違う」と思えば思うほど、
近づいて声をかけてみましょう。
人との出会いが私たちそれぞれを豊かにしてくれるはずです。

「和」でいるコツは相手を敬うこと。
その結果、居心地のよい清々しい関係ができます。

「ほっとする禅語」より引用させていただきました。ありがとうございます。

自分も相手もそのままの個性で過ごしての「和」
いつの間にか私たちは「気を遣い、遠慮して」度を越して相手に合わせることもあります。

何がサービスなのか、何が「和敬静寂」なのか。
自分がどの位置に立っているのか、今一度見直しながらいられるといいですね。

2012年1月16日月曜日

放下着

ほうげじゃく : なんだって捨ててしまいなさい

「捨ててしまいなさい」と言う意味。
禅の言葉は徹底的に言い切ります。
「捨てるものがない」なんて言うと、捨てるものが無いと言うそのことさえ捨ててしまえ!と。

名刺の肩書きが捨てられますか?
妻という立場が捨てられますか?
学歴が捨てられますか?
貯金が捨てられますか?

20種類もの薬を毎日服用していた人が、全てやめてしまったら健康になったという
お話もあるそうです。

捨ててこそ、「本来の立場」がくっきりと浮かび上がってきます。
荷物もおしゃれも保険も持たずにたびにでるということは、旅の目的をはっきりさせます。
その身軽さ、爽快さを味わってみてください。

捨てても生きられる人こそ本物。
すっぴんのあなたが素敵だと信じて欲しい。

「ほっとする禅語」より引用させて頂きました。ありがとうございます。

私たちは、裸のままではいられない。
いつの間にか、衣服や鎧と同様に色々な地位・身分・ プライド・様々な所有物の中で
ヒソッと身を隠しつつ、本当の姿を隠して生きているのかも知れません。

ちなみのタロットカードの「愚者」は
純真無垢、何も持たずに旅立つ青年の姿を現しています。
何も持たないからこそ、あるのは進むべき自分次第の変化への希望。

洋の東西を問わず、昔から人間は同じことを後の世に伝えたいのかも知れません。



2012年1月15日日曜日

イタチ的新体操!?

 最近、けだまはちょっとお気に入りの遊びを覚えました。

イタチ的新体操
種目:ボールとロープの混合

では、始まります。

1.控え室より出場
さ、今日も始めよう♪
 2.ステージ(なぜかキッチン)にて演目開始
おもちゃに祈りをこめて一礼

 3.クルンと一回転、横ひねり!
ビシッ!

4.ロープの輪の中で・・・
クルッとしなるのがコツ!

5.カメラ目線でポーズを決める!
ビシィッ!!
どぉ!?
 6.後退りながら、間合いをとり・・・。
ちょっと下がるよ
7.全身を使って大胆なフィニッシュポーズ!!!
全身で道具とシンクロ!

8.達成感と共に撤収~
後片付けも大切だよ
とってもやんちゃなけだまでした。

ふう、どうだった?