2012年12月30日日曜日

年末のご挨拶

今年もあと1日を残すだけとなりました。
おたま「ご挨拶よ、けだまお兄ちゃん」
けだま「う、うん・・・。」
 今年、私達花情和楽
まさに出会い多き年となりました。
けだま「一緒に並ぼうか」
おたま「その方がいいわね」
 「我 逢 人
人と人、物と物、心と心、それらとの出会いの尊さ。
出逢いがなければ何も始まらない。
けだま「それじゃ、今年も…」
おたま「ふぁああああっ!」
 人はそれぞれ自分とは違う領域を持って生きていて、
そんな人と人が出逢えば己を広く深く成長させてくれる。
まさに今、この言葉が私の心を大きく占めています。

それが「一円相」として大きく円満に、
私達だけでなく、私達と出逢って下さった
全ての方の心の中に広がりますよう、願っています。
けだま「…ふぅ。おたまってば」
おたま「あら?」
本日より
2~3日ブログをお休みさせて頂きます。
年末年始、ちょっと自由時間を頂いたので、
みんなで少々旅をしてきますw。
けだま「早く行こうよぉ~」
いつもこちらのブログをお読み頂いている皆様。
本当にありがとうございます。
皆様にとっても良き年末年始となりますように。

来年もよろしくお願い致します。

~感謝~

2012年12月29日土曜日

個展「white」オマケ

筆を使わない画家展「white」
KenichiさんとTobo さんとの癒しのXmasコラボ展のその日。
 cafe「鎌倉Sakura」さんでは、
こんなことが起きていました。
可愛らしいバラのグッズが素敵でした♪
全てが被写体として絵になるcafeと
絵画、人々が揃うとなりますと…。
外から…。
 武骨な一眼レフカメラが大量にやってきます。
中から…。
淑やかなたたずまいのcafeは、お客様がいらっしゃらない間、
お隣でも…w。
 「何の記者会見!?」的な勢いでカメラが活動しだします。
その数、本体だけで6台くらい。
レンズの数を入れればもっと増えてしまいます。
 と、言うことは…。
四方八方カメラだらけ。

お互い誰も隙を見せられませんw
お陰で私はこんな素敵な写真もゲット\(>∀<)/!
さてさて…駐車場ではいかがでしょうか?
ヒナちゃん、けだま、おたま

 こちらも久々の再会を果たすことが出来ました。
ご挨拶

けだま「ここ、どこ?」
おたま「ちょっと、寒いじゃない!」
 いーちゃんの中で起きていたけだまとおたま。
ちょっと気分転換にお外に出してみたら…。

 久しぶりのHinaちゃんとのご挨拶と
見知らぬ場所で…。
パシパシっ!
楽しく元気に
 大撮影大会が行われました(笑)。
けだま&おたまもこの日をとても楽しみにしていましたw。

KenichiさんとTobo さんとの癒しのXmasコラボ展は
こんな楽しくちっちゃなイベントも
実は行われていました(^^)。

2012年12月28日金曜日

筆を使わない画家展~「white」~2

心満たされる
穏やかな時間とはとても早く流れているように
感じるものです。
cafe「鎌倉Sakura」さんでは、
常に誰かの笑顔が絶えずに咲き、
 絵画と音楽にじっと目や耳を傾けて
それぞれの一番心に響きやすい方法で、
この空間を堪能しているようでした。
 私もついつい、カメラを構えるのを
忘れてしまう事も…。

 ゆったりとした音楽を聴きながら、
頭をクリアにしつつ、あの絵画はこの絵画は
心にどんな働きかけをしてくれるのだろう?
投影、共感、内観、イメージのコラージュ、
心の中における無限の錬金…。
いずれにしても優しくいざない、
普段は蓋をしてしまう心にも
仄かに光を灯してくれそうです。

やがて辺りが暗くなりだし、
Xmasコラボ展、本番になりました。
 静かに優しく
Toboさんの曲が流れていきます。

 決して畏まらず、
でもちょっと贅沢な時間。
こんなXmas,
毎年過ごせたらどんなに幸せだろうと思いました。
そして、12月はお誕生日を迎える方が
沢山いらっしゃったので、
集まった皆さんでお誕生日を祝って歌う
和やかな時間ともなりました。

そんな楽しいXmasイベント&おもてなしが終わり、
お客様が引き上げた後は
「おもて」無しの時間です。
こっそり仕込中~
 12月誕生日は
kenichiさんもToboさんもでした。

 何もご用意できない私達は
「鎌倉Sakura」のお二人にお願いをして
ケーキをお願いしました。
Toboさんにも「Happy birthday」の一曲を
お願いして、細やかながらお祝い出来たら嬉しいと。
お披露目です!
 特に、もう一人の花情和楽カメラマンE.Nは
強くそれを望み、
本来の「お祭り野郎」の本領を見事に発揮させ、
着々と実行に移して行きました。

そして…、
蝋燭に静かに火がともりました。

Happybirthday to you,
Happybirthday dear Kenichi &Tobo♪

心から大切な方にお祝いが出来る幸せを頂きました。
その場を共有して頂いた皆様のお陰で
サプライズパーティーが笑顔いっぱいで過ごすことができました。

急きょのお願いにも関わらず、
快く協力してくださり、
ご用意して頂いたケーキは、
鎌倉に数多くあるcafeの中でも
5本の指に入る絶品のチーズケーキです。
kenichiさん、蝋燭を吹いたその瞬間に何が…!?
 材料にこだわり、厳選された材料は
その心のこもった手によって最大限に活かされて、
素敵なチーズケーキへと生まれ変わっていました。
紡ぐ言葉に限界があり、
巧く表現できないのが残念なのですが…。
濃厚~でも、口の中に程よく広がる優しい甘さがたまりません♪
絶品!でございました。
記念撮影開始です(笑)
 この後は皆で記念撮影をさせて頂きました。
が、
一人ひとりが笑いのツボにはまり込み、
花情和楽最大の難航を極めました(笑)。

筆を使わない画家 個展「white」
それぞれの帰路の旅の無事と
いつかの再会を心からお互いに誓い合う事ができました。

心から感謝いたします。
ありがとうございます。

2012年12月27日木曜日

筆を使わない画家展~「white」~1

風が冷たく吹くこの12月23日。
私が知る限り、こちら
cafe「鎌倉Sakura」さんは温かな気の流れる
癒しの空間でした。
お洒落なcafe「鎌倉Sakura」
 ここでは画家Kenichiさんの個展「white」が
前日から行われていました。
2日間限定の個展「white」
その最終日のこの日は
Tobo YoshinoさんのPiano演奏との
collaborationが行われる大事なイベントの日です。
おいしそう!
 「美味し」の空間と「癒し」の空間が
頭の中で若干綯交ぜになりながら扉を開くと…。

 kenichiさんの絵画の数々が
白い空間の中で鮮やかに浮かび上がり、
私達を出迎えてくれました。
Toboさんのヴァイオリン
今回はXmas特別企画、と言うことで、
cafeの中でToboさんの音楽に合わせて
クリスマスソングが歌われていました。


 癒しの絵画に囲まれて、
美しい音楽と歌声の中、
cafeのオーナーさんの美味しいお茶とお食事を頂く時間。
Toboさん&K.U.さん♪
ふと立ち寄ったお客様のお顔は
穏やかな笑顔で満ちていました。
lesson中
時にはこんな風に
癒しの画家が癒しの音楽家に
ピアノレッスンを受けているシーンもありましたw。

kenichiさんは大好きな「戦場のメリークリスマス」を
鮮やかにマスターしたそうです(^^)。

 白い世界に囲まれて、
所狭しと並んだKenichiさんの絵画は
私には沢山の花々が咲き乱れているようにも
見えました。

こじんまりとした可愛いcafe「鎌倉Sakura」さんは
五感のすべてを癒しの要素で埋め尽くすような


 温かい気持ちと、
心から笑顔になれる空間になっていました。

2012年12月26日水曜日

友を訪ねて…

12月22日の夕方。
私達花情和楽一行は
川崎市に着いていました。
「友」と言うには僭越かも知れないけれど、
しかし、どうしても年内にお会いしたい方がいらっしゃいました。

そんな思いを胸に抱いて来たのは「モンマルトル」。
クリスマスソングが外に奏でられ…
ここにはFace bookでお友達申請をしてくださった、
A.I.さんが日々美味しいケーキを作って売っていらっしゃいます。
そして、A.I.さんのお姉さまが経営する
ねこ雑貨のお店「ねこねるね」さんもあります。

美味しそうなケーキの数々と可愛いねこ雑貨を
外からショーウィンドウ越しに眺めつつ、
この地に来たことの実感を踏みしめていました。

これまでIさんは、
どんな怪しいヤツか判らぬ私に親身に接してくださり、
腹を割ったメッセージのやり取りをしてくださいました。

「救われているのは私の方です、ありがとうを言いに来ました」
そんな思いを伝えにこの地にゲリラ的に
お店に電話をして、所在確認をする時には、
ドキドキして脳内は激しくbusy状態に陥りましたw。
モンマルトル美女達
Iさんの「どちら様ですか~?」の電話での問いかけに
「お・お・お・お・お、お友達ですっ!」としか答えられなかった私。
どれだけ小心者なゲリラ訪問しているのか…(笑)。
社長の「ひげじいちゃん」のリーフパイ、大きな葉っぱですw
 その後、お客様がいなくなるのを見計らって店内へ侵入。
(常連さんであろうおじいちゃま、ごめんなさい!)
「もしかして…!」と、Iさんは、
直ぐに「私」だと気づいてくださいました。
温かい手、思わず両手で握っちゃいました。
 「初めまして」は何だか可笑しい気持ちです。
私としては、とても懐かしいような思いでした。

話したいこと、聴きたいこと、伝えたい気持ちが
一度に噴出しそうでしたが、
この出会いが最初で最後な訳ではないと思えた瞬間、
握手を求めてしまいました。
温かい手は心までホッとさせてくれる
優しいぬくもりでした。

モンマルトルに集うお客様の皆様は、
I.さんの心の広さと温かさに惹かれ、
その温かい手から創り出されるケーキに宿る
思いにも惹かれているんだろうなぁ~、そんな確信を覚えました。
モンマルトルのスタッフの皆様も笑顔が絶えない
素敵な方々ばかり♪
記念のツーショット、これが加工限界(笑)
Xmasモード真っ只中のこの日。
ケーキ屋さんには
大変な時期に押し込んだにも関わらず、
I.さんをはじめ、皆様の温かい気持ちを
分けて頂きました。
お見送りしてもらう時にもお手てつないで♪
あまり長居は出来ませんでしたが、
とても充実した時間でした。

今回、このブログ記事の写真を撮ってくれた
花情和楽メインカメラマンE.N.は
「この二人。Soul mateなんだな~って感じたよ」と言っていました。
言われて気づいて腑に落ちた感じがしました。

今度お逢いするのは
I.さんの愛息子さんのモーターボートレース、
デビュー戦のその時。

改めて自分の中をクリアにして見つめてみたいと思いますw。
Iさんベストセレクトケーキ♪
 さて、モンマルトルを後にした私達。
翌日のイベントに向けて
宿としたPAにて、いーちゃんの中で
寝る前のおやつタイム。
どれから食べようか、相当悩みました
「夜中だと言うのに…!」
そんなお声が聞こえそうですが(笑)…。
この日は特別だったんだと、赦してやってください。
ねこ、ねこ、ねこ…♪イタチは(笑)!?
 どうしても目が向いてしまって離れなかった
バッグもI.さんのお姉さまから購入してしまいましたw。
けだま「…、ぼくらには?」
おたま「きっと、あとでもらえるのよ、おにいちゃん」
モチロン、大切なけだまとおたまも、
一緒に来ていました。

今年のXmas。またもご縁のある嬉しい時間から始まりました。

ありがとうございます。



(Thank you for the photography,Eiji.N)