2013年9月29日日曜日

秋に親しむお散歩日和

まだ朝露の光る曼珠沙華と会ったのは、
午前7:00くらいの事でした。
 私達を乗せていーちゃん(E-Sprit)が駐車したのは、
秩父の町のあるスポーツ公園の側の駐車場です。
その駐車場に面した草地に咲いていた曼珠沙華です。
 この日はお仕事の一部である、
マラソン大会の様子を撮るために秩父を訪れたのですが、
 今回、その仕事をするのはこの↓E.N.のみ。
ランナーロックオン中
私とけだま&おたまは、
秩父に行くなら一緒に行って遊んでしまおうと言う
魂胆(モチロンお手伝いもしますw)で
ついて行きました。
けだまとおたまがまだ車の中で
微睡んでいる間に、私は曼珠沙華を撮り、
一年ぶりに逢った美しい赤を堪能。
けだま「ぼくたち、どこに来たの?」
 やがて起きだしたけだまとおたま。
「お外に行きたい!」とおたまの猛アピールに遭い、
おたま「あっちに早く行きたいわ♪」
 いつの間にか日課となってしまった
イタチ的お散歩の時間です。
花の観賞よりも
当然ホリホリやお散歩が大好きなけだまとおたまは
曼珠沙華から離れた所でお散歩です。
 けだまとおたまを連れて
道路の方まで覗きに行ってみると、
ちょうどマラソンランナーが来ているところでした。
撮影中。
皆さん結構手を振ってくれてました
  ちなみにこのマラソン。
全部で約84kmもあるコースなんだとか。
そんな長距離を自らの足で走りぬこうとする
精神と肉体を持つランナーの皆様に感服するばかりです。
けだま「そろそろ抱っこしてくれないかな?」
お散歩途中に抱っこをおねだりするけだまには、
マラソンが不思議に見えてならなかったかも知れません。
おたま「わたしは登る方がいいわ!」
 もしかしたらおたまは
ロッククライミング等の方がお好みだったりするかも。


清々しい晴天の中で迎えた秩父の朝は、
私にとっては秋を象徴的な曼珠沙華の赤に親しみ、

おたま「お兄ちゃん、もっと遊びましょう♪」
けだま「うん。何して遊ぼうkな?」
けだまとおたまにとっては朝露もモノをもしないお散歩日和となりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿