2013年2月28日木曜日

蝋梅に囲まれて

多々良沼で白鳥をとった後、
約2時間ほど移動して着いたのは
群馬県安中市にある「ろうばいの郷」でした。
先ずは記念の一枚
青空の下に可愛らしい黄色の花をつけた木が
視界いっぱいに広がります。
梅の開花が待ち遠しい今日この頃ですが、
「蝋梅は満開か散り始め」と言う情報を得て、
あまり馴染みがない花だけれど、
そんな見頃のお花に逢いに行きたくなりました。
(ちなみに蝋梅は「梅」ではないロウバイ科ロウバイ属なんだそうです)
小さくてかわいい!
近寄って見てみると、
とても小さな花が枝に沢山ついていました。
小さくて幾重にも重なる花弁は
本当に蝋を塗ったような光沢があり、
一枚一枚は透き通るような透明感がありました。

そんな小さな花の集まりが
こんなにも景色を鮮やかにする勢いとエネルギーに
自然の素晴らしさを感じてしまいます。

敷地内のお地蔵様にも蝋梅のお供え
敷地の中のお地蔵様にも
蝋梅が供えられていました。
そんなお地蔵様のお顔もとても優しげです。
どこまでも続きそうな蝋梅の森
それにしても風の勢いが強かったこの日。
その冷たさが少々堪えたところもありましたが、
風で竹が撓る撓る…!
蝋梅の心地良い香りがあちらこちらで
風に乗って私達を包み込んでくれました。

甘いけれど爽やかさも持ち合わせる香りは、
もう春がすぐそこまで来ている、
そんなお知らせを伝えてくれているようです。
足元でも…
足元でも福寿草が春の訪れを教えてくれています。


ちなみにこの蝋梅、
花言葉は「慈愛」「優しい心」「先導」「先見」「ゆかしさ」
だそうです。
厳しい冬から春が来ることを
小さくも可愛らしい姿と、
心を穏やかにしてくれそうな香りで知らせてくれる蝋梅には
ピッタリな言葉に思えます。

ちなみにこの可愛い蝋梅の花。
殆どがうつむき加減で咲いています。
そのため…。
花情和楽:N
撮影スタイルはこんな風になってしまいますw
そう、油断していると首と腰に何やら違和感を…^^;。

しかし、そんな首と腰の痛みを忘れるくらい、
蝋梅の花々は魅力的でした。

今か今かと春が一層待ち遠しかった
私には快晴の中の嬉しい蝋梅との出逢いです。
クリスタルみたい
落ちていた蝋梅の花を手に取ってみると、
蝋質のような花弁がキラキラしていました。
梅の開花を前に
蝋梅の花々と出会えて良かったです。

2013年2月27日水曜日

白鳥の多々良沼

前回2月の上旬に川島町の白鳥飛来地で
白鳥の初撮影をした私達花情和楽。
日の出前
 白鳥撮影がとても面白くなって、
今度はK.Aさんにご紹介を頂いた
多々良沼公園に行ってきました。
水がない…!
真夜中に家を出て、
日の出時間を調べて、
日の出と共に白鳥を撮ろうと
いつも行き当たりばったりな私達にしては、
かなり計画的に行動。

ところが…。
広い多々良沼は最低水位の状態!
遠いよ~! 
お気軽に200mmのレンズだけ持って行った私達。
私達と白鳥さん達の距離は
遠いものとなってしまいました^^;。

そして見回すと
辺りにはバズーカ砲並みの巨大レンズを三脚に装備して
撮影に臨む方々が数名…。
トリミングしてやっと…。
しかし、この日を楽しみにして、
慣れない自発的な早起きをして来た白鳥撮影です。

気持ちは目いっぱい白鳥に近づいて
ひたすら頑張って撮っていくことにしました。
太陽が昇り始めると、
沼はその光を受けて赤く染まっていきました。
太陽の光を受けてシルエットだけになった白鳥も
幻想的に見えました。

 朝日が昇ってくると同時に飛び立つ白鳥も…。
 ちょっと遠景な撮影になってしまいましたが、
プライベートで撮る楽しみは沢山ありました。
鴨さんも健在
自然や白鳥・鴨が見せてくれる様々な光景は
自由で楽しそうで、
空を飛ぶ姿はまるで自由を象徴しているかのようでした。
みんな丸まっちゃった!
そんな風に思っていたら、
白鳥の皆さん、どんどん丸くなって
動かなくなってしまいました。
浮島
白鳥さんも動かなくなったところで、
カメラから目を離して辺りを見回してみると、
辺りは雲一つない綺麗な空が広がっていました。
白鳥さん達はしばらくお休みのご様子(?)だし、
気温はまだまだ身を切るような寒さ。
今日は引き揚げてまた次の機会に来ることにしようと、
浮島を後にしました。

今日で満足しないで、また次の機会の楽しみをとっておくのも、
私達の遊び方の一つ。
そんな時、
4羽の白鳥さん達がちょっとだけ
近くを通って飛んできてくれました。
少しお見送りをしてもらったようで嬉しかったです。
広い多々良沼公園には
まだまだ楽しい所や自然との出逢いがありそうな予感。
また日を改めて遊びに行きたいと思います。

2013年2月26日火曜日

ケンカと仲直り

いつも一緒のけだまとおたまです。
けだま「なぁに?」
おたま「けだまお兄ちゃん、思いっきりカメラ目線よ」
 仲良くコタツで遊んで出てきました。
おたま「こっちに行くわよ!」
けだま「おっとっと!」
 お水を飲んで二人で仲良く戻って来たのですが…。
ゴチッ!
 ちょっと早いおたまに押されたけだま。
おたま「クックック~♪」
けだま「ああっ!ぼくが入りたかったのに!」
 色々とおたまに先を越されて
ちょっと怒ってしまいましたw
けだま「おたま、僕が先だよ!」
おたま「!?」
珍しく怒っておたまに跳びつきます。
カプッ!!!
そんなけだまに 
おたまもちょっと驚いてしまいました。
けだま「おたま、待て~!」
おたま「何よぉ~!」
 ちょっと悔しかったけだま。
ひたすらおたまを追いかけて…。
おたま「けだまお兄ちゃん、しつこいの~!」
けだま「うっ…Σ(・ω・;|||!」
 おたまの一喝にけだまもタジタジになってしまいます。
おたま「一緒に潜ればよかったじゃない」
けだま「う、うん。そうだね」
取りあえず、カーペットまで戻り、
仲直りをするけだまとおたまです。
けだま「じゃぁ、おたま。一緒にココを掘ってみる?」
おたま「あら、楽しそうね♪」
 仲直りはおめでたいのですが、
それはちょっと困ります(-∀-`; )。

2013年2月25日月曜日

凛々しくおもちゃ遊び

ガサガサとおもちゃを探すけだまがいます。
けだま「何かないかな…?」
おたま「お兄ちゃんトンネル~!」
 すると、久しぶりに引っ張り出してきた
オモチャがありました。
鈴が入っているプラスチック製のおもちゃで、
京紐を結びつけたものです。
けだま「ずいぶん久しぶりだな…」
 おもちゃ箱の奥底にしまわれて、
しばらく遊んでいませんでした。
けだま「こうやって…」
おたま「けだまお兄ちゃん好みね」
 器用に紐の結び目を咥えて…。
けだま「よし!」
おたま「何だか凛々しく見えるわ!」
 以前もそうでしたが、
このおもちゃで遊ぶと何だか
凛々しい表情になるけだまです。
しゅっ!!!
 キリッと踵を返すように向きを変えて、
けだま「あっちに持って行くんだ!」
 一目散に台所の隅へと持って行きました。

今度はヒトがそれを持ち帰り、
再びけだまの前でぶらぶらさせてみると…。
けだま:がしぃっ!
おたま「いつものけだまお兄ちゃんじゃないわ!」
 あまりの機敏さにおたまもビックリ!
けだま「しまっちゃうよ!」
 こたつの手前までバックして持ち運び…。
けだま「やっぱりこっちだ!」
 今度は部屋の隅っこの方に後ろ向きのまま
方向転換しておもちゃを持ち運んで行きました。

そんな真剣な遊びのけだまに
影響を受けたおたまは…。
おたま「わたしも!」
けだまに負けない真剣な表情で
おもちゃ運びに専念していました。