2013年4月30日火曜日

フェレットフェスティバル

昨年の秋を経てやって来た
少々夏日の様な気温でしたが、
晴れに恵まれて意気揚々といーちゃんに乗って
川越から日吉まで向かいました。
身長の高いいーちゃんは地上でお留守番
 しばらくお外遊びがなかったけだまとおたま。
前日から何かを悟ったかのように
大興奮でしたw。
おたま「なぁに?どこに連れて行くの?」
もちろん、大興奮だったのはヒトも一緒ですw
この袋の中には…!
何より嬉しかったのは、久々のお友達の再会に喜んだり、
SNS上ではお知り合いでも
今回初めてお会いする方との出逢いもあり、
声をかけてくださった皆様には
有難い気持ちでいっぱいになりました。
けだまもおたまも入賞ならず^^;
 この有難い気持ちをどの様に表せばいいのかと、
帰るころにはひたすらに考えました。
そして、やはりこれしかないと導き出した私達の応えは
「写真撮影」です。
大切なフェレットを抱っこしてカメラの前で笑顔を見せてくれる皆様から
教わったのは言葉では表現しきれないほどの「家族愛」。
そんな笑顔の時間をもっと皆様にご提供したいと思いました。
けだま「ゲームって参加することに意義があるんだよ」

もともと私達「花情和楽」は結婚式の撮影をはじめ、
様々なシーンやイベントの撮影の仕事を承ってきました。
ワンちゃん等の撮影のイベントは多くありますが、
フェレットの撮影に特化したフォトグラファーやイベントの数は限られています。

お仕事とはなりますが…。
私達と同じくフェレットを愛して共に過ごす皆様に
一緒に写真を撮る事の楽しさと大切さをお伝えしたい。
イベントを組んだり、お家やご指定の場所に出向いたり、
色々な方法を模索して本格的に進めていきたいと考えています。

ちなみに今回のフェスティバルでは、
歯目を外して沢山の写真を撮ってしまった結果…(^_^;)、
 未だ収拾つかずの状態ですが、
近日中にお友達の皆様には私達が撮らせて頂いた写真を
閲覧・ダウンロードできる方法をお知らせいたします。

フェレットフェスティバルのこの日の出逢いとご縁に
心から感謝いたします。

2013年4月28日日曜日

ベランダの居候 其の二

我が家に居候(ツバメ)が済みこむようになって、
1か月ほど経過しました。
建築資材搬入中(H25.4.18)
 こんなパイプの上で巣が出来上がるのかと、
ヒトの心配を余所に、勤勉にインテリアを充実させています。
「行ってくるよ!」
 ツバメは色々な物を集めて、
それを自分たちの唾液で固めて
巣を形作ると聞き及びます。
「大福?失礼な!」キリッ!
 いつも撮影アングルや時間の影響で、
白黒大福がパイプに乗っているような図柄になってしまうので、
ちょっと望遠レンズで近寄って、
撮影後に露出を目いっぱい上げてみました。
「あ、どうも。」(H25.4.22)
 つぶらな瞳で、ちゃんとこっちを見てくれていましたw。
可愛いお顔です。
「さて、今日も行ってくるかな」(H25.4.28)
 こうして日を追って見ていくと、
巣もだんだんと立派な形になって来ています。
「持って来たよ!」
毎日毎日頑張って巣作りをしているつばめさん。
「ねぇねぇ、また見てるよ」
「ヒトの家を覗こうだなんて…」
 一生懸命な分、
夜になると寄り添って休んでいる姿が
とても微笑ましく感じます。
「行ってくるよ!」
毎日せっせと頑張る姿に応援せずにはいられません。
多少目が合いながらもベランダに出るたびに
ツバメの様子が気になるこの頃です。

2013年4月27日土曜日

まるでピンポンダッシュ!

「今日も精一杯遊びます!」
そんな宣誓をしているかの様なけだまとおたまです。
ビシィッ!
相変わらずトンネルにご執心のけだまは、
トンネルの中へと入って行きます。
けだま「ぼく、ここが好きなんだよ~」
 「ククククッ♪」ガサガサガサ…。
中からトンネルを楽しそうに揺らしていると、
おたまがやって来ました。

襲い掛かるのかと思いきや…。
おたま「けだまお兄ちゃん!」
 中で楽しんでいるけだまを呼びます。
おたま「出てこないわね…」
 けだまはおたまの呼びかけに出てくる様子がありません。
おたま「けだまお兄ちゃんってば~!!!」
そんなおたまは
猛烈な勢いでけだまを呼び出したかと思うと…。
おたま「くすっ♪」
けだま「なぁに~?」
 けだまが出てくる直前に身を翻してダッシュ!
けだま「なんか、呼ばれたような…?」
 ようやく、のっそりとトンネルから出てきたけだまです。
けだま「ぼくは、楽しく遊んでたんだけど…」
 何が起こったのか、ちょっと考えて…、
ピンポンダッシュをされた事に気づきます。
けだま「おたま、待て~!」
おたま「楽し♪」
 数分後、ちょっと怒り顔でおたまを追いかけるけだまがいました。
楽しそうに逃げるおたま。

今日も平和で賑やかな時間が流れています(笑)。

2013年4月26日金曜日

さようならコタツ、また逢う日まで

気温が温かくなってきたこの頃。
おたま「うぅ~ん!気持ちいい♪」
 けだまもおたまもお家の中とはいえ、
とても活発に行動しています。
けだま「これはあっちー!」
 外を見れば木々が華やぎ、
家を見ればイタチが活発、
春の訪れを改めて感じずにはいられません。
おたま「カッ!」
けだま「触らぬおたまに祟りなし…」
 暦の上でも4月中旬。
所によっては桜も散り始め、新緑の季節を迎えようとしています。
けだま:ペターン
 寒がりの私が一番名残惜しく感じているのですが…、
こたつ布団を片づける事にしました。
けだま「片づけちゃうの!?」
 布団をテーブルから離すと、瞬く間に寄って来たけだまとおたま。
おたま「わたしの秘密基地なのにぃ~」
 これから洗濯機へと運ぶために畳んだ布団を、
ふたりで蹂躙して回ります。
けだま「おたま、こたつはまた寒くなったら出てくるんだよ」
 けだまもおたまも、そして私も
こたつとの別れが名残惜しくてたまりませんが、
次の冬に暖かく過ごすためには、
やはりお別れしなくてはなりません。
ヒソッ…
最後の最後まで名残惜しそうなのはおたまでした。
…一緒に洗っちゃいそうだから出てきてね、おたま(笑)。

2013年4月25日木曜日

いっぱい遊んだ後のイタチ達

走ってみたり、
 ボールを憤怒の形相で運んでいたり…。


家でも外でも一生懸命遊ぶけだまとおたま。

 そんなに一生懸命遊んでいれば…。
けだま:野良寝の図
いつでもどこでも眠れてしまうけだまです。
しかし、最近はけだまだけでなく…、
おたま「すぴぃ~zzz」
 ここ最近、おたまもヒトの腕や膝の中で
眠るようになってきました。
けだま:zzz…
もはや眠りの森の奥の方へと行ったしまったけだま。
身体の全てがどうでも良いかのような寝姿です。
けだま:zzz
おたま:ウトウト…
 そんなけだまの側に、
眠くて脱力しきったおたまをおいてみます。
すると…。
おたま「けだまお兄ちゃん、良く寝てる~w」
けだま「うぅ~ん!」
 目が覚めてしまったおたまは、
けだまにチョッカイを出します。
おたま「何するのよ!」
 これはイカン!と再び抱っこすれば、
おたまは抵抗しますが…、
おたま「ふぅ~…」
 首の後ろをコチョコチョされているうちに、
また眠くなってしまいました。
けだま「眠いのに…」
 一度おたまにチョッカイを出されたけだまは、
ヒトの膝の上に避難してきて、
当たり前のようにその場で
眠りの森へと言ってしまいました。
おたま「ハンモックに連れて行って!」
おたま、1歳5か月で野良寝が出来るようになってきましたw。

2013年4月24日水曜日

ちょっとした日常の変化、イタチはどうする?

いつもと何ら変化なくお家遊びをしようとする
けだまとおたま。
そんな彼らに、ちょっと変化をつけてみようと思います。
けだま「さ、遊ぼうかな~」
トンネル代わりに使っているボール紙の筒を立ててみました。
けだま「…。」
どうして良いか分からず、
立ったトンネルの前に立ちつくすけだま。
おたま「お兄ちゃん、どうしたの?」
けだま「何だか、変なんだよ」
何だか不思議そうにしているけだまに
おたまが話しかけます。
おたま「コレのかしら?」
けだま「おたま、無理しちゃだめだよ~」
立ち上がってトンネルに触れるおたまです。
ちょっと押しただけでバタンと倒れるトンネル。
おたま「いつものトンネルじゃない!」
けだま「そうだったんだ…」
いつものトンネルだと判って、
ちょっとホッとするけだまでした。
しかし、念のためにもう一度検証してみます。
けだま「…。」
立てたトンネルに近づくものの、
やはりどうして良いか分からないかのように立ちつくすけだま。
おたま「また立ってるわ!」
再びおたまもトンネルの前にやって来て…。
おたま「とおっ!」
ややしっぽを膨らませて、
再びトンネルを倒します。
その足の踏ん張り方、女の子にしては何か逞しさを感じるような…。
おたま「やったわ!」
倒れ行くトンネル、
おたまは成功を確認するように
倒れ行くトンネルを追いかけます。
けだま「やっぱりこうだよ、トンネルは」
そしてちゃっかりとトンネルに真っ先に潜るけだま。
その顔は安心しきって潜っているかのようです。
おたま「わたしも~!」
けだま「おっと」
トンネルが立っているという変化に
戸惑い固まるけだまと、
何が何でも直すおたま。
それぞれ、個性豊かな反応をみせてくれました。