2013年6月30日日曜日

いたち・バトルごっこ

何やら台所から「クッ!キャキャキャキャッ!」
と、賑やかな声がすると思ったら…。
ダダダダダッ!
 けだまとおたまが久しぶりにバトルごっこを始めていました。
けだま「おたま、参った!?」
おたま「まだまだ~!」
 お茶でも沸かそうと思ったら、
とても踏み入れる余地はありません。
ヒトもついついカメラを構えてしまいます。
おたま「やったわね~」
けだま「ぼく、あっちに行くもん!」
 長いけだまとおたまがゴロゴロと組み合って、
次はリビングの方へと縺れ合って行きます。
けだま「おたま、もうやめようよ!」
おたま:ゴチッ!
 兄・けだま、必死の押さえつけにおたまもビックリです。
おたま「もぅ~!!!」
けだま「わっ!おたまが本気で怒った!」
 我が家一の負けず嫌いなおたま。
素早さではけだまに勝っても、
力と大きさには兄のけだまには敵いません。
けだま「今のうちに…!」
おたま「ふぅぅぅぅ~!」
 今日は順調におたまを押さえつけているけだま、
このまま次の一手に出るのかと思いきや…。
おたま「けだまお兄ちゃ~ん!」
けだま「逃げるが勝ち~!」
 鮮やかに敵前逃亡を図ります。
タタタタタッ!
 恐竜さん達を乗り越えて…、
けだま:シュッ!
おたま「・・・。」
 そのまま米袋の中へ避難しました。
おたま「けだまお兄ちゃん、出てきなさい!」
怒っていても何かとけだまにくっ付いて行くおたま。
勝つまで諦めない負けん気の強さがあっても、
やっぱり兄けだまと一緒に居たい気持ちの裏返し表現の様です。

この後もしばらく追いかけっこが続いたのは言うまでもありませんw

2013年6月28日金曜日

ブレスレッドに馳せる人の心

雨の降りしきる日、
お約束をした日に我が家を訪ねてきた一人の女性。
「前に造ってもらったブレスレッドが切れてしまったので、
新しいものを作って欲しい」
そんなメールでのご依頼から始まった再会でした。
今回、作成のブレスレッド
 お互いに手を握り合い、
長くも短くも感じられた約1年1か月ぶりの再会。
異口同音に「痩せた?」
労いあうような言葉を発端にこの日までの1年を
振り返る会話から話が進んで行きます。

彼女は私達が川越に移り住んでから5年ほど、
身近にいた方でしたが、
昨年、白血病の診断を受け、
自宅で闘病生活をすることになりました。
 自覚症状はほとんどないのに、
気にしなければならない日々の血液検査。

ご自分にとって最良の治療を行ってくれる
病院を探し、診療情報提供書を持って
あらゆる病院を訪ね歩いた日々。

肺炎を患い、1か月の入院を余儀なくされた時間。

抗がん剤を服用し、
時には輸血も受けながら通院を重ねた日々。

ご家族や友人の皆様に支えられてきたのだと、
お話をして下さいました。

「ブレスレッドをつけていると、なんとなく落ち着くの」
静かな石達の響きを何となくでも感じ取ってもらえていたのは、
本当にありがたい事です。

ひとしきりお話が出来た所で、
いよいよブレスレッドの石の選択に入ります。

私は、石の効能や意味は初めからお伝えすることはありません。
どうしても目に留まる光や色を持った石を選んで頂きます。
しかし、なかなか彼女は石を選べません。

私は先ずヘマタイトの一対を提案してみました。
そのあとは、選べないと言いつつ石を見つめる彼女の視線や
会話からこの石は?と確認をしていきました。
Oリングテストやダウジングを使っても良かったのですが、
親しくお付き合いをしてきた彼女の心に私も寄り添ってみることにしました。

出来上がったのは
ヘマタイト、ルチル、レッドタイガーアイ、トルマリンを
ポイントとしたブレスレッドでした。
今こうしてブレスレッドを振り返ってみると、
心身のエネルギー、気と言った物の
流れ円滑さと増幅がテーマの石のように思われます。

ゴムを通している間に、
石の本を見て頂き、選んだ石にどんな由縁があるかを
読んで頂きます。
「消耗・エネルギーの欠乏」への関与、
「甲状腺のバランス」(彼女は膠原病も患っているため)
「不安と圧迫の軽減」
幾つものキーワードが彼女の中で当てはまったようです。
 完成したブレスレッドは流水で清め、
セージのスマッジングをしてから
彼女の手首に通してもらいました。

涙を呑んだような声で「ありがとう」と
一言行ってくださった瞬間が忘れられません。

「病気と付き合って前向きに生きていきたい、
いつ何が起きてもおかしくないけれど、
悔いを残さない生き方をしたい」

繰り返し私に語ってくれたこの言葉。

死を覚悟した彼女から発せられた言葉。
限界がある事を分かっているからこその輝き方。
勿論、どこかに不安や悩みも少なからずあり、
その葛藤を幾度も重ねているのかも知れません。

しかし、そんな彼女の心の響きに
このブレスレッドが呼応してくれたら嬉しいと祈るばかりです。

前向きに生き「ねばならない」
そんな風に思った時は、ちょっと頑張りの糸が張り詰める時。
糸を緩める事も時々は必要だから
そんな時はまた会いに来てくださいね。

次なる再会の約束を交わし、
彼女はブレスレッドをつけて我が家を後にしました。

彼女が帰った後、
久しぶりに私も自分自身のブレスレッドを
作りたくなりました。
心の思うままに石を選びました。
スマッジング中
 ブルータイガーアイに天眼石、
ホワイトジェイドにレピドライド、
と、いう事は…w
このブレスレッドのメッセージはまた今度、
じっくりと自分で石の本を読み解くことに致しますw。

2013年6月27日木曜日

小さなお友達がやってきた

昨日、我が家に小さなお客様がいらっしゃいました。
キャリーバッグからこんにちは(^^)
 SNSでお声をかけてくださった、Rieさん。
お住まいがお近くで、
一緒にみんなで公園遊びをしようとお約束をしたのですが、
トンネル、気に入った?
 この日は川越市、大雨・洪水・雷注意報が出され、
とても公園遊びどころではなくなってしまいました^^;。

この公園を訪れるのは
けだまもおたまもかなり久しぶりとなるはずでした。
けだま&おたま「お外だ~♪」
 初夏を思わせる様な晴天の3月半ば以来です。
おたま「お兄ちゃん、行くわよ!」
けだま「待ってよ、おたま!」
 たくさん走ったり、ホリホリできる場所もある
この公園はけだまもおたまもお気に入りの場所です。
けだま「zzz・・・」
おたま「ふぁぁ、遊んだわ~♪」
これはまた次の機会に、という事で、
この日は室内遊びを決行することになりました。
たんたんくん、ぬいぐるみ大好き!
 初めて訪れた我が家のイタチチェックを始めた
チコリッタちゃんと、たんたんくん。
しばらくけだまとおたまとみんなで遊んでいましたが、
興奮しすぎたおたまとけだまは、
遊びに来てくれたお友達を置いて爆睡の海へと沈んでしまいました。
良く似合ってるね(^^)
 次第に我が家の様子に慣れてきてくれた
チコリッタちゃんとたんたんくん。
 カシャカシャトンネルが気に入ってくれたようです。
ここも好き?
 好奇心旺盛なチコリッタちゃんは
ベランダのモコモコマットも気に入ったご様子です。
Rie さんとたんたんくん
 トンネルで遊んでいたたんたんくんは、
しばらくすると、トンネルの中で気持ちよさそうに
寝ちゃっていました。
仲良し姉弟♪
 Rieさんとも実に沢山のお話をさせて頂き、
濃厚なフェレットタイムを過ごすことが出来たこの時間。
けだまやおたま、私にとっても
とても楽しい一時となりました。

2013年6月26日水曜日

撮影モデルの後のまつり

前回の記事で、
けだまとおたまに撮影練習のモデルになった事を
お話しましたが…、
けだま:ヘローン…
モチロンご本人達は抱っこばかりされて
飽き飽きする事、この上ない状態です。
おたま:ふぁぁぁぁっ!
ギャランティーのバイトをあげた後は、
思う存分遊んでもらおうとスタンバイしました。
おたま:いっぱい遊ぶんだから!
ドレスを着ていようが、
そんなことは一切お構いなしで、室内をいっぱい走るおたま。
すっかり眠気眼になっていたけだまも、
トンネルの中でしばらく「ククククッ♪」と遊んでいました。
しかし、ふと気配を感じて振り返ってみてみると、
カーペットの上に伸びているけだまの姿が…。
じー・・・
 「け、けだま・・・」
 声をかけても微動だにせず。
けだま「…、ふぅ」
 やっと反応があったと思いきや、
それは大きな大きなため息でした。
そう言えば、この日のお昼間、
けだまはおたまと思いっきり遊んで、
大興奮していたのを思い出しました。
もうネムネムの境地に達していたのでしょう。
そんなお疲れ様のけだまに
マッサージをしようと膝に持ち上げようとしたその時、
おたま「いっぱい走って落ち着いたわ~」
 縦横無尽に走り回り、あらゆる障害物をなぎ倒し、
お水を飲んで一息ついたおたまが戻ってきました。
おたま「けだまお兄ちゃん、一緒に遊ばないの?」
 さすがのおたまも、
この脱力っぷりを見て
遊びのお誘いを控えたようです。
おたま「じゃぁ、今度はおもちゃで遊んでこようかしら?」
まったりとマッサージを受けるけだまを余所に、
まだまだ目が輝いているおたま。
しかし、その日の夜は二人ともいつも以上にグッスリ眠っていました。

よく遊び、よくお手伝いをしてくれた一日でした。

2013年6月25日火曜日

撮影モデルなイタチ達

最近、あるペット撮影のお仕事を受けることになった私達。
けだま「へろ~ん…」
 それは数時間のうちにベビーのワンちゃん&ニャンちゃんの
写真を何百頭の勢いで一気に撮影すると言う、
タイムアタックなお仕事です。
今まで、動物の写真はいっぱい撮って来たけれど、
飛んだり走ったりが多かったから、
決められた構図の元、抱っこされた写真なんて
そう言えば無かったに等しいかも…。
おたま「トンネルに入ろうかしら?」
 そのお仕事のシュミレーションをするため、
ちょっとだけ、
けだまとおたまに撮影練習のモデルになってもらいました。
おたま「練習モデル!!!私は一流なのよ!」
 気合を入れるためにおめかしをして…、
けだま「…、ぼくは巨匠なんだよ?」
二人の意見はともかく、
ここはヒト様のお仕事都合を優先させて頂きました^^;。 
おたま「綺麗に撮ってるわよね!?」
 おたま、クールに一握りサイズでポーズ。
おたま「ちょっと足を組んでみようかしら?」
 足の組み方はどうでも良いので、
可愛い笑顔をください。
けだま「はいっ?」
 さすが巨匠のけだま。
カメラ目線を沢山くれます。
撮りやすいなぁ~と、いっぱい撮っていたら…、
けだま「ぼく、抱っこじゃなくて遊びたいよ」
その表情、だんだんムスっとしてきてしまいました(^_^;)。
遊んでいる最中の撮影の方が多いけだまとおたま。
慣れない撮影方法にお互いに緊張でした。
けだま&おたま「ホントはもっと貰うんだから!」
頑張ってかしこまった撮影練習のモデルさん達には、
ちゃんとギャランティーのお支払い。
この有難い二人のお陰でベビーのワンちゃん&ニャンちゃんの
撮影が進んでいますw

2013年6月24日月曜日

定番・やっぱりビニール袋

今日もけだまは元気におもちゃ運びに勤しみます。
けだま「どこに隠そうかな~?」
迷いながら走って来たのは、
大好きなカサカサビニールの前。
そのビニールの中には…。
おたま「ふぅ!」
けだま「あ・・・!」 
 既におたまが入っていました。
けだまはオモチャを入れ損なってしまいます。
けだま「もう一回…!」
おたま「けだまお兄ちゃん、何してるの?」
 おたまが出て来たにも関わらず、
もう一度袋の中にオモチャをしまおうと努力するけだま。
けだま「今だ!」
おたまが動いた隙にオモチャを袋に入れようとしますが、
けだま「あれ?」
おたま「ねぇ、お兄ちゃんが変なの」
 またしても失敗…。
けだま、なかなか本懐を遂げることが出来ませんw。
けだま「何度でも…!」
おたま「そんな事より♪」
そんな頑張り屋さんのけだまを見かねた、
お転婆妹のおたまは…。
おたま「お兄ちゃん、捕まえた~!」
兄・けだまに飛び掛かります!
ゴロゴロ!ガサガサ!
クククククッ!
ウキャキャキャッ!
ビニールの中で楽しくじゃれ合いっこが始まりました。
おたま「お兄ちゃん、こっちの方が楽しいわよね♪」
けだま「…、うん♪」
 しばらくビニールの中でじゃれ合い、
けだまもおもちゃの事はすっかり忘れてしまったようです。
おたま「けだまお兄ちゃん、今度はなにして遊ぶ?」
けだま「そうだね、ペターンってツチノコごっこが良いかな?」
やっぱりお兄ちゃんと遊びたくて仕方のないおたまと、
何かを忘れているような…、ちょっと思案顔のけだま。
いつも元気に過ごしていますw