2014年3月29日土曜日

帰って来たベランダの居候、つばめさん

数日前から、やけにベランダから騒がしくなりました。
つばめ「えっ!?見られてるの!?」
それは昨年、我が家のベランダに造られたツバメの巣に
どうやら1年ぶりに、可愛い居住者達が戻って来たようなのです。
つばめ「ちょっと!キミのお家は違うよ!」
余所のつばめ「えっ?間違えちゃった…」
 巣が残っていれば、大半のツバメは自分の巣に戻ってくるらしいので、
きっと元気に帰ってきてくれたのだと思います。
つばめA「もう一度、行ってくる?」
つばめB「そうだね、もう一っ跳び、行ってみよう!」
 しかも、もう既にカップル成立でしょうか?
2羽のツバメがしっかりと巣に収まっています。
つばめA「じゃぁ、先に行くね」
つばめB「気を付けてね、こっちをじぃ~っと見てるヒトがいるから!」
 小さな身体で長い長い旅を経て、
再びこの地を訪れてくれた力強さに心打たれます。
羽の間からカメラ目線w
 また、今年もこの巣で羽を休め、
卵を孵して、ヒナを育ててくれたらと
願わずにはいられません。
高~い、小さ~い…
 ちなみにヒト(162.5cm)と巣の距離は
大体こんな感じです。
なので、決して広くないベランダでも、
つばめさんを撮る時には望遠レンズが大活躍となっていますw
おたま「ふぁぁぁぁっ!賑やかだけど、眠いんだから~」
朝に夕に、我が家のベランダは賑やかになりましたが、
けだまやおたまの眠気は妨げられるほどではないようで、
今日も良く眠っています(^^)

2014年3月24日月曜日

大興奮も程々に

「グルンッ!」と見事な前転!
丸いオモチャに跳びついたのはけだまです。
けだま「とぉぉぉぉぉっ!」
おたま「お兄ちゃんが回ったわ!」
 これには妹・おたまも目を瞠るばかり。
けだま「ぼくは逃がさないんだぞ~」
おたま「凄すぎて近寄れないわ…」
 何故か突然、このピンクの丸いオモチャに大興奮したけだま。
夢中になって追いかけて捕獲しています。
しかし、布製とはいえ、やっぱりコロコロ転がってしまうそのフォルム。
イタチ心をくすぐって止みません。
けだま「あぁっ!せっかく取ったのに!」
おたま「わたしもおもちゃ、取ってこようかな?」
 けだまの脇を通り抜けしようとしたおたまですが…。
けだま「こっちにもボールがあったぞ!」
おたま「きゃっ!!!」
 振返りざまにオモチャとおたまを間違えてしまったのでしょうか?
けだま、いつもは敵わないおたまにカプッと一噛みしてしまいました。
おたま「何するのよ!興奮しすぎよ!お兄ちゃん!!!」
けだま「うわっ!おたま、ごめ~ん」
 シッポもおひげもピンピンでお怒りモードのおたま。
さすがの妹の気迫にけだまもタジタジ。
後ずさりして行っちゃいました。
けだま「このオモチャだと、ぼくまた間違えちゃうよ~」
しばらくしてから、同じおもちゃで遊びに誘っても…
ちょっと躊躇するけだま。
おたまに怒られたのがよっぽど効いてしまったのかも知れませんw

2014年3月6日木曜日

イタチのダンボール基地

60%offの謳いに惹かれて、
前々から欲しかったカメラ用のリュックを
オリエンタルホビーさんから購入させて頂き…。
けだま「ふーん、ぼくたちのオモチャじゃないんだ…。」
 早速、けだまとおたまによる
イタチチェックが入りました。
おたま「わたしたちの基地じゃないの?」
 「tamrac」、カメラバッグの有名なブランド会社の一つ。
イタチチェックは程々に、
リュックは安全な場所へと避難させます。
けだま「箱だ!」
おたま「久しぶりよ、箱!」
 やはり残された段ボール箱にご執心のけだまとおたま。
最近はヒトがさっさと片付けてしまうので、
久しぶりの箱にソワソワするけだまとおたまです。
おたま「落ち着くわ、この箱♪」
お転婆なのに、妙に箱入り姿が似合うおたま。
おたま「けだまお兄ちゃん、どう?」
けだま「うん、やっぱり箱は最高だね♪」
 面白くて箱から離れないけだまとおたま。
梱包材系はイタチにとって最高クラスのオモチャとなる事が
分かってしまうこの瞬間。
おたま「けだまお兄ちゃん、コレがつくと良いわよね」
けだま「うん、最高だね」
 あまりにも喜んでいるし、
まぁ、久しぶりだし、
箱はデザインも可愛いし…。
イタチ基地・ダンボールバージョン!
美的とは言い難くも(^_^;)、
喜んでいる我が子らの姿を見れば、
ちょっと工夫したくなるのが親バカの心情…。
トンネル代わりに置いてあった、
一脚の空き箱をダンボールに挿して、
所々に小窓を開けて基地を作成してみました。
おたま「楽しいわよ!」
 トンネルの出入りを繰り返しているおたま。
けだま「ふぁぁぁぁ…、落ち着くねぇ」
 落ち着くけだま…。
おたま「しばらく遊んであげるわ♪」
 作った小窓からもニョキッと出てきたおたま。
直ぐに引っ込んでは「クククククッ」と箱の中で
何やら喜んでくれているご様子。
けだま「おたま、ぼく出られるかな?」
おたま「きっと気合で抜けられるわよ♪」
遊んでくれて親バカ冥利に尽きますが…。
箱の中に籠ってしまって、
彼らの姿を写真に撮れないと言う誤算に気づいたのは、
上の写真を撮って間もなくの事でした。

2014年3月4日火曜日

遊びの温度差

ある日の事。
けだまが何かモゾモゾするモノを発見。
けだま「ンンン?何だろう」
 中途半端にひっくり返ったマットが、
もぞもぞと動いています。
おたま「ばぁっ!」
けだま「おっと、やっぱりおたまか」
 勢いよくマットを跳ね上げて出てきたのは、
妹のおたま。
おたま「けだまお兄ちゃん!もっと驚かなくちゃ!」
けだま「そりゃ、驚いたよ~。」
 けだまの驚き加減がアッサリしていたのが気に入らなかったのでしょうか?
日向ぼっこで気持ちよくなっているけだまに、
おたまはおヒゲピンピンでお怒りモードです。
おたま「せっかくビックリさせてあげようと思ったのに!」
けだま「なんで『せっかく』なの!ぼく、お願いしてないよ!」
…言わんこっちゃない。
ちっちゃなケンカが始まってしまいました。
おたま「お兄ちゃんなんて、こうなんだから!」
けだま「おたま~、ヤメテよ~」
遊んで欲しくてたまらないおたまと、
日向ぼっこをしてのんびり過ごしたいけだま。
今日も賑やかな追いかけっこで、
ヒトの足元は賑やかですw